前回の動画はもうご覧になられましたか?

57歳でもエンジニアとして立派に仕事ができている事実を考えれば、間違いなく誰でもエンジニアとして稼ぐことができるのがわかったと思います。

またご覧になっていない場合はこちら

では本日の話題に移らせていただきます。

「サラリーマンが辛いと感じつつ、他の選択肢がなく働き続ける人達」

あなたはこれに当てはまるでしょうか?

日本人のサラリーマンは8割型「働き続けるのはしんどい」と感じています。

動画でも解説しています。

サラリーマンがしんどい理由というのは主に4つありますね。

一つ目は、雇用されているという立場の弱さです。

雇用されているので就業時間は何があっても「仕事だから…」と我慢することは多いです。

「我慢するのが仕事だ」と自分に言い聞かせなければやってられませんよね。

二つ目は、通勤です。

朝早く起きて出社するまでの間に、相当な精神力を使ってしまっている時がありませんか?

・通勤電車が混んでいて辛い

・朝起きるのが毎日辛い

などなど、毎朝の通勤にストレスは溜まります。

三つ目は、人間関係です。

特にプログラミングを学ぼうとする人は性格が「内向型」と言われており、不必要に他者と関係性を持つことを嫌う傾向があります。

そして職場内では上司はパワハラをしてきたり、否応なしに嫌いな人、合わない人が存在するものですよね。

仕事が好きでも人間関係が嫌い!という人も多いですし、それが理由で職場を転々とする人もいます。

四つ目は、やりたい仕事ではないということ。

特にやりたくもない仕事を延々とやらされているのはしんどいです。

自分のやりたい仕事を会社内でできている人というのは、世の中でもほんの一握り。

実際のところ仕事などみんないやいややっているという場合は多いですからね。

というようなことを踏まえて、「これから先一生会社員をやっていけるのか?」という点には疑問が残ります。

ですが急激に何かを一転してすぐにフリーランスになろうとしてもそれも不可能です。

ではどうすればいいか?という話ですが・・・

「今日から少しずつ意識を変えていきましょう」

本業以外の収入を得るところからスタートして、少しずつその収入を増やしていきましょう。

そうすればきっと会社で嫌なことがあっても

・どうせもうすぐやめられるんだから

・いつでも会社をやめてやる

という状況を作るためにまず第一歩を踏み出しましょう。

今すぐ何かができなくても、気持ちを切り替えることで前向きさは変わっていきます。

ですから今のうちに「新しいスキル」を身に着ける準備をしましょう

では今の時代、様々な自分で稼ぐスキルが提唱される中で

なぜプログラミングが一番のおすすめとなるのか?については

次回また詳しくお伝えしていきますね。