「エンジニアに転職したいからプログラミングスクールに通おう」
スクール選びに失敗したくない

プログラミングを学べるスクールはたくさんあり、どんなスクールに通えばよいか迷いますよね。

プログラミングスクールは、この数年で急激に増えました。

スクール選びの選択肢が多いに越したことはないです。

ですが、逆に多すぎて困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、5つのスクールを比較して、その中で特におすすめのスクールを紹介します。

また

  • 初心者がスクールに通って学習に挫折するパターン
  • 失敗しないスクールの選び方

も合わせて紹介します。

プログラミングスクールのエンジニア転職のためのおすすめのコース

プログラミングスクールには様々なコースがありますが、エンジニアに転職しやすいコースがあります。

就職・転職するのにおすすめのコースは「スマホアプリ」の開発コースです。

就・転職を考えるなら、「スマホアプリ開発コース」のあるスクールを選ぶ。

ここでは就・転職するために、スマホアプリの開発コースがなぜおすすめなのかを紹介します。

エンジニア転職のためのおすすめのコースはアプリ作成コース

就・転職のためにプログラミングスクールを選ぶなら、「スマホアプリ開発コース」があるスクールがおすすめです。

理由は3つです。

  • 習得者数が少ないため、需要が高い
  • スマホアプリの言語は習得が用意
  • 開発の需要が高く、今後も増加する

スマホアプリ開発では、使用する言語の世代交代が起こっています。

iOSアプリ開発では「Swift

Androidアプリ開発では「Kotlin

という新しい言語が注目されています。

どちらの言語も、より多くの人がアプリ開発できることを目指して開発されました。

そのため

  • 習得のしやすさ
  • 書きやすさ
  • 読みやすさ

を重視して作られています。

この特徴により、言語の習得難易度は低く、入門として学ぶのにはうってつけです。

またどちらの言語も新しいため、使いこなせる技術者が不足しています。

そのため、「Swift」でアプリ開発ができれば、就職や転職にプラスに働くことが期待できます。

さらにスマホアプリ開発の需要は今も増え続けています

これらの理由から、スマホアプリの作成ができれば、就職・転職にとても有利です。

未経験から転職・就職に向けてプログラミングを学ぶなら、スマホアプリを作成するコースをおすすめします。

ToDoリストアプリの作成が転職するための最低限のレベル

To Doリストアプリは、転職するために最低限必要な知識を学ぶのにうってつけのアプリです。

ToDoアプリのマスター=実務で必要な最低限の知識を習得

ToDoリストアプリは、実務でも頻繁に実装する機能を学べます。

ですのでスクールを利用するときは、ToDoリストアプリの完成を目標にすることをおすすめします。

エンジニアとして転職を目指すには、実務をこなせる最低限の技術が求められます。

「最低限の技術が身についていること」を判断する上で、

ToDoリストのアプリを作ることができるか?

が一つの目安になります。

ToDoリストアプリを作るためには、さまざまな機能を実装する必要があります。

それは例えば、

    • 入力されたToDoをファイルなどに保存する
    • 保存済みのToDoリストを配列を利用して一覧表示する
    • ToDoの入力画面や修正
    • データを期日順に並べ替える

など、実務で実装する機会が多い基礎的な要素が詰まっています。

ToDoリストが作成できれば、就職活動でポートフォリオ(自分の作品集)として利用できます。

自分が「最低限の実務力を身に着けている」ということをアピールできまるのです。

転職までの目標として、「ToDoリストアプリの作成」をおすすめします。

プログラミングスクールの料金を比較!いちばんおすすめのスクール

プログラミングスクールを比較して、料金が安くておすすめのスクールを紹介します。

料金と使い勝手に注目して、4つのプログラミングスクールを比較します。

なお学習言語や料金などは、スマホアプリ学習コースのものを記載しています。

アプリコースが無い場合については、存在する代表的なコースについて記載します。

 料金レッスン回数期間
プログラミングジャパン598,000円(税抜き)42回ほぼ無期限
CodeCamp258,000円60回4ヶ月
Tech::Expert598,000円(税抜き)なし10週間
TechAcademy418,000円なし24週間

CodeCamp

結論:悪くはないけど、使い方に気をつけてください
  • スクール形態:オンライン
  • アプリ学習コース:あり(アプリマスターコース)学習言語:Java、Swift
  • 就職支援:あり(無料、利用条件あり、要申し込み、お祝い金あり)

    CodeCampはマンツーマンでのオンラインレッスン型のスクールです。

    アプリ学習に特化している「アプリマスターコース」が用意されています。

    「アプリマスターコース」で学習する言語はJavaとSwiftです。

    JavaはAndroidアプリを開発するのに使用する言語、SwiftはiPhone用アプリ開発で使用する言語となっています。

    学習期間は2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月から選択が可能です。

    1ヶ月換算で料金を考えた場合、6ヶ月が一番コスパが良い計算です。

    ここでポイントとしては、期間が変わってもカリキュラムは変わらないという点です。

    例えば仕事などの理由で、1日にあまり多くの学習時間を取れない方もいます。

    1日1時間を6ヶ月続けてトータルの学習時間をカバーすることも可能です。

    使用する教材はオンラインで閲覧するタイプです。

    プログラムを書くためのエディタ付きのもので、学習期間終了後も閲覧、およびエディタ操作が可能です。

    なお就職支援サービスを受けるには、課題合格数などの条件を満たす必要があります。

    就職支援サービスを申し込む場合には、十分注意しましょう。

    TECH::CAMP

    結論:教材は分かりやすいと評判ですが、在学期間中でしか参照できません。
    • スクール形態:通学(東京、名古屋、大阪)/オンライン
    • 料金:月額1万4千800円(TECH::CAMP)、59万8千円(TECH::EXPERT)
    • 特記事項:「TECH::EXPERT」はWindowsPC未対応(MacBook有料貸出あり)、「TECH::CAMP」はWindowsPCの場合、購入年数3年以内必須

    TECH::CAMPは通学、オンラインの双方に対応したスクールです。

    教室ではメンターに質問が可能です。

    またオンラインでもビデオ通話、チャットでの質問に対応しています。

    なお学習は講義型ではなく、オリジナル教材を使って自習していく形になります。

    そのため今回おすすめしているマンツーマン講義を重視して考えると、TECH::CAMPはターゲットからはずれています。

    ただし転職などを目標にして学ぶエキスパートコース(TECH::EXPERT)の場合のみ、専属のカウンセリングコーチが付きます。

    TECH::CAMPの教材はビジュアルが豊富で、非常に理解しやすい点が評判です。

    しかし教材は期間中のみ利用可能なので、注意が必要です。

    またメンターについては他のスクールとは違い、TECH::CAMPを卒業した大学生メンターが多いです。

    就職支援は、TECH::EXPERTの受講者のみが受けられる形で提供されています。

    就職保証や転職専属のキャリアアドバイザーがつくなど、かなり手厚い支援が期待できます。

    TechAcademy

    結論:課題が他のスクールと比べて難しいです。挫折しない強い意志や覚悟が必要。また難しい分、より実践的な技術の習得が期待できます。
    • スクール形態:オンライン
    • 学習言語:iPhoneアプリコース(Swift)、Androidアプリコース(Kotlin)
    • 就職支援:あり(TechAcademyキャリア、エンジニア転職保証コース)

    TechAcademyはマンツーマンのオンラインレッスン型のスクールです。

    アプリ開発のコースはiPhoneとAndroidで別々になっています。

    iPhoneコースではSwift、AndroidコースではKotlinを学びます。

    また両コースともに、GitHubというプログラムのバージョンを管理するためのツールについても学べます。

    そのためより実務に近い実践的な環境で学習できます。

    TechAcademyでの学習は、自習で進める形になります。

    気をつけなければならないのは、使用されている教材が他のスクールに比べて難しいことです。

    その点については、専属メンターにより週2回、ビデオ通話を使ったメンタリングを実施することで、受講者をフォローしています。

    なお教材に関しては、卒業後も閲覧が可能となっています。

    このメンタリングとは別に、用意されているチャットを使って質問をすることもできます。

    しかしそのチャットは受講者全員に公開されるタイプとなっています。

    なので、質問することに抵抗を感じてしまう方は注意してください。

    総合的に見て、実践的な技術習得が期待できるため、おすすめです。

    DMM WEBCAMP

    結論:現在オンラインレッスンを受け付けていません。アプリ開発コースもありません。
    • スクール形態:通学(東京、大阪)/19年4月現在、オンラインコースは改修中により受付中止
    • 無料体験:あり(無料カウンセリング)
    • アプリ学習コース:なし(DMM WEBCAMP、ビジネス教養コース)
    • 料金:3ヶ月(49万8千円/DMM WEBCAMP)、1ヶ月(12万8千円/ビジネス教養コース)、2ヶ月(21万8千円/ビジネス教養コース)、3ヶ月(29万8千円/ビジネス教養コース)
    • カリキュラム時間:不明
    • 講習形態:マンツーマン(DMM WEBCAMP/ビジネス教養コース)
    • オンライン対応時間:11~22時(質問のみ、金曜定休)
    • 就職支援:DMM WEBCAMPのみあり(キャリア転職サポート)

    「DMM WEBCAMP」のカリキュラムには、チームでの開発が含まれています。

    また、手厚い就職支援について良いです。

    DMM WEBCAMPは通学型のスクールです。

    2019年4月現在、オンラインコースは改修中のため、受講生の受付を行っていません。

    コースは

    就職・転職を目指す「DMM WEBCAMP」

    と、

    WebデザインかWebプログラミングが学べる「ビジネス教養コース」

    の2つがあります。

    どちらのコースもマンツーマンで指導を受けることができます。

    なおスマホアプリ開発のコースは存在していません

    教室へは通いたい放題で、自習が可能です。

    また教室には講師が常駐しているため、いつでも質問が可能となっています。

    「DMM WEBCAMP」コースは高額な料金が必要です。

    しかしそのカリキュラムの内容は、

    • 受講生同士とのチームで行う開発、
    • ポートフォリオとして利用可能なオリジナルサービスの開発

    など、実践的になっています。

    また就職支援を受けられるのは「DMM WEBCAMP」のみです。

    専属のアドバイザーが付いての自己分析、面接対策や、受講生に合った企業の提案など、手厚い支援をしてくれます。

    無料プログラミングスクールは選ばない

    プログラミングスクールを選ぶときは、「無料プログラミングスクール」は避けましょう。

    なぜなら、無料のプログラミングスクールは、SESというブラック企業に送り込まれる可能性があるからです。

    結論:無料スクールはSES送りにされる可能性が高いです

    上で挙げた4校は全て有料でしたが、中には無料のスクールも存在します。

    しかし無料スクールは、企業への人材斡旋(あっせん)などで収益を挙げています。

    中には提携企業への就職が強制されることもあります。

    「タダより高いものはない」

    とはよく言ったもので、無料のものには理由があり、おすすめしません。

    プログラミングスクールの選び方で失敗しないために

    プログラミングスクール選びで失敗しないためには、挫折する原因を知り、避けましょう。

    スクール選びで失敗しないためには、挫折する原因を避ける

    ここでは挫折しやすい原因を紹介します。

    プログラミングスクールで挫折するパターンその1:学習速度についていけない

    プログラミングスクールで挫折する原因は、「学習についていけない」という挫折の原因があります。

    挫折の原因その1:学習速度について行けなくて挫折する

    スクールでは基礎から学んで行くため、最初の学習は難しくはないです。

    しかし限られた時間で決められたカリキュラムをこなすために、学習のペースが早く、どんどんと進んでいきます。

    レッスンで理解できないことが積み重なり、やがてついて行けなくなり、挫折してしまうのは、良くあるパターンです。

    特に、1人の講師が複数人を同時に教えるタイプのスクールの場合、どうしてもついていけなくなることが起こりやすいです。

    プログラミングスクールで挫折するパターンその2:講師が生徒のレベルを知らない

    講師が生徒(自分)のレベルを把握していないスクールを選ぶと、難しい課題を出され、挫折します。

    スクールで挫折するポイントその2=生徒のレベルに合っていない課題やテストを出され、挫折する

    「毎回講師が変わるタイプのスクール」では、カリキュラムの進み具合を目安に学習を進めます。

    そのため講義や課題の内容が、自分のレベルとずれてしまうことがあります。

    難しすぎる課題やテストは、学習をすすめるときに大きな負担になります。

    さらに課題やテストの結果も悪くなるので、モチベーションも下がります。

    また、一度でも講義について行けなくなると、講義を理解するのがだんだん難しくなります。

    よって、生徒は学習自体のモチベーションも下がり、ついには挫折します。

    これが、講師が生徒のレベルを把握していないために起こる、挫折の原因の一つです。

    プログラミングスクールで挫折するパターンその3:質問を遠慮してしまう

    プログラミングスクールで挫折するパターンに、講師に気軽に質問できないことが原因で起こる挫折があります。

    挫折ポイントその3=講師に気軽に質問できないことによる挫折

    集団レッスンを採用しているスクールでは、

    「質問のレベルが低いかも?」

    と遠慮して質問ができないことがあります。

    質問できない機会が増えれば増えるほど、つまずきや疑問点が増えていきます。

    学習をしていれば、

    • 分からない点
    • 理解できない点

    が出てくるのは当然です。

    自力で解決ができない以上、質問をしなければいけません。

    しかし質問内容が基本的すぎると、引けを感じて遠慮してしまう事があります。

    また、

    「こんな質問をしたら恥ずかしいのでは」

    と、一種の恥の感情が邪魔をして質問できないことがあります。

    疑問点を放置したまま先に進むと、その疑問が原因で理解できない事が出てきてしまいます。

    つまずきや疑問点が増えると、やがて学習についていけなくなり、やがて挫折します。

    プログラミングスクールの失敗しない選び方

    挫折する原因の少ないスクールを選べば、学習の途中で挫折することがなくなります。

    スクール選びで失敗しないために=挫折しやすい原因が少ないスクールを選ぶ

    スクール選びに失敗しないために、挫折の原因が少ないスクールとはどのようなスクールなのか、紹介します。

    プログラミングスクールの失敗しない選び方その1:マンツーマンレッスンを選ぶ

    学習速度に不安がある場合は、マンツーマンレッスンのスクールを選びましょう。

    スクールで挫折するポイントである、

    • 学習速度についていけない問題は
    • 講師が自分のレベルを把握していない問題
    • 遠慮して質問できない問題

    は毎回同じ講師によるマンツーマンレッスンを採用しているスクールを選べば解決します。

    マンツーマンで指導してくれる自分専属のメンター講師がいると、自分に合った学習ペースを相談できます。

    メンター講師を見つければ、自分に合ったペースでの学習が可能となります。

    自分専属の講師を一緒に学習することで、挫折の可能性を下げることができます。

    毎回同じ講師であれば、学習ペースについて相談ができます。

    また

    ・苦手な部分を重点的に教えてもらう

    ・課題を自分のレベルに合わせてもらう

    といったことも期待できます。

    もちろんメンターとの相性の善し悪しはありますが、極端に悪くなければ大きなデメリットになることはありません。

    自分の学習ペースで学びたい場合は、マンツーマンで自分にあうペースで学習できるスクールを選ぶと良いです。

    プログラミングスクールの失敗しない選び方その2:目標設定を一緒に考えてくれるかどうか

    マンツーマンで毎回同じ講師のレッスンをうけられるスクールなら、学習目標を一緒に考えてもらえ、挫折しにくいです。

    講師と学習目標に向かって一緒に学習するので、モチベーションも保ちやすく、挫折しません。

    また、目標に向かってステップを組んで教えてもらえるので、自分のレベル以上の課題やテストを出されることがありません。

    学習をしていく上で、目標を立てることは大切です。

    メンターが出す課題や宿題は、小目標として見ることができます。

    自分のレベルにあった課題をこなしていけば、自信を持って学習に取り組めるようになります。

    程よい難易度の課題をしっかりこなせていれば、モチベーションが維持されやすくなります。

    マンツーマンのメンター講師に教えてもらえるスクールを選べば、一緒に学習していく喜びを味わえます。

    そのため、プログラミングの学習に挫折しにくいです。

    プログラミングスクールの失敗しない選び方その3:就職・独立に強いかどうか

    プログラミングスクールの選び方として、就職・転職に強いスクールを選びましょう。

    就職・転職に強いスクール=卒業後の就職・転職に向かってモチベーションがたもてる

    周りがエンジニアの就職・転職に成功している姿をみれるのは、学習のモチベーションがとてもあがります。

    プログラミングスクールには卒業生への就職支援を行っているところがあります。

    記事内で紹介したプログラミングジャパンは、本格的な支援を行ってくれるスクールの一例です。

    就職ではなく、フリーランスとして独立することを目指している場合でも同様です。

    就職支援サービスの有無があるスクールをえらべば、安心して学習に集中することができます。

    挫折しにくいスクールの選び方として、「就職・転職サービス」が充実しているかどうかを把握しておきましょう。

    プログラミングスクールで学ぶ言語の選び方

    プログラミングスクールで学ぶ、言語の選び方を紹介します。

    結論:挫折を避ける意味でも、習得しやすい言語(アプリ開発の場合はSwift)を選ぶことをおすすめします

    スクールで学習するプログラム言語の選択は重要です。

    ここでは1つの例として、スマホアプリ開発をする上でおすすめ出来る言語を紹介します。

    未経験のエンジニアは取り組みやすい汎用性のあるSwiftがおすすめ

    未経験のエンジニアがスクールで学ぶ言語は、Swiftがおすすめです。

    Swiftは習得しやすく、汎用性と将来性があるという点でおすすめ

    アプリ開発の学習をするコースでは、学習言語としてSwiftが選べます。

    Swiftは比較的新しいプログラミング言語で、習得しやすさを意識して作られています

    「Swiftは非常に簡潔なプログラミング言語でもある。SwiftはPythonと同様に、複雑なことを実行する際でも多くのコードを記述しなくても済むようになっている。」

    参考:アップルの新プログラミング言語「Swift」--その目的と意味するところ - (page 4) - CNET Japa

    またiOS用のアプリを作る以外にもWebアプリケーションなども作ることができるなど、汎用性もあります。

    初めて学習するプログラム言語は、簡単であった方が良いです。

    プログラミング未経験者は、理解が難しい言語を覚えるよりも、簡単な言語を学びましょう

    プログラミングスクールで学ぶべき言語は、Swiftがおすすめです。

    Swiftでできることは、iPhone用のスマホアプリ

    Swiftでできることは、iphone用のスマホアプリを開発することです。

    SwiftはこれからのiPhone開発の主流になるので、おすすめです

    SwiftはiPhone用のスマホアプリを作ることができます。

    従来採用されていたObjective-Cに比べて、Swiftは簡易にプログラムが記述できる上、プログラムの実行速度も早いという特徴もあります。

    今後のiPhoneアプリ開発の主流は、Swiftに変わることが予想されます。

    そういう意味でも、将来性のあるSwiftを学ぶ意味は大きいです。

    プログラミングスクールの選び方:オンラインか教室か

    プログラミングスクールは「オンライン」と「教室型」のスクールがありますが、「オンライン型」のスクールをおすすめします。

    オンラインと教室、それぞれが持つメリットを考慮して選ぶとオンラインを選びましょう

    教室(通学型スクール)とオンラインスクールの特徴やメリットデメリットを紹介します。

    オンラインのプログラミングスクールのメリット

    オンラインのスクールには2つの大きなメリットがあります

    オンラインスクールの大きなメリットは、以下の2つになります。

    地方の方でも場所を選ばずプログラミングスクールに通える

    オンラインスクールなら、場所を選ばずに受講できます。

    オンラインなら地方在住でも問題なく利用することができます

    プログラミングスクールの多くは東京や大阪などの都市部にあります。

    そのため地方に住む方にとっては、スクールに通うこと自体が難しい状況でした。

    しかしオンラインに対応したスクールであれば、インターネット環境さえ整っていれば受講が可能です。

    オンラインマンツーマンなら時間を選ばず学習できる

    オンラインスクールなら、時間を選ばずに学習できます。

    オンラインスクールのメリットは、何と言ってもインターネット環境さえあれば受講時間を選びません。

    いつでもレッスンを受けられるという条件は、働きながらスクールを利用する場合はほぼ必須の条件です。

    移動時間を節約することができることに加え、自宅というリラックスできる環境で学習できるのは大きな利点です。

    このような学習のしやすさや手軽さは、モチベーションに直結する部分です。

    場所と時間を選ばずにレッスンが受講できること。

    これが、通学型のスクールよりもオンラインスクールをおすすめする理由です。

    教室(通学型スクール)のメリット

    教室型のメリットは、クラスメイトがいることです。

    オンラインスクールは大きく別けて次の2種類があります。

    • マンツーマンによる講義が中心のスクール
    • 学習は自習で進めて行き、随時メンターに質問ができる仕組みを用意しているスクール

    どちらの場合でも、同期やクラスメイトと関わる機会は全く無いか、非常に少なくなっています。

    しかし教室(通学型スクール)には、クラスメイトが存在します。

    どうしてもメンターに質問することに気が引けてしまう方は、クラスメイトに教えてもらえる環境の方がが良いでしょう。

    また受講者同士の交流は、モチベーションの維持に役立ちます

    それ以外にも、クラスメイトの存在が刺激となって、前向きに学習に取り組むことができます。

    まとめ

    以上、4つのスクールから選んだおすすめスクールの紹介と、学習に挫折してしまいやすいパターン、失敗しないスクールの選び方を紹介しました。

    スクールに通うには、大きなお金が必要になります。

    その金額に見合った知識や技術を得られるように、自分にあったスクール選びをしてほしいと思います。