初心者でもPHPを習得できるおすすめのプログラミングスクール3選

本記事では

初心者におすすめのPHPが学べるプログラミングスクール
PHPが学べるプログラミングスクールの比較
PHPの特徴

などを解説していきます。

PHP』はWebサイト作成に使用されるプログラミング言語です。

プログラミング言語のなかでもPHPは人気が高いです。

そのため、様々なプログラミングスクールでPHPを学ぶことができます。

しかしスクールに通うのは「労力」がかかりますし、「料金」も安くありません。

したがって

プログラミング学習者プログラミング学習者

どこのスクールで学べば効率よくPHPエンジニアになれるんだろう・・

と迷ってしまいますよね。

ここからはそんな迷った初心者にオススメできるPHPを学べるスクールを紹介します。

PHPが学べるおすすめのプログラミングスクール

「初心者がPHPを学べるおすすめのプログラミングスクール」は次の3つです

  • TECH ACADEMY
  • CodeCamp
  • インターネット・アカデミー

以下にそれぞれのスクールの特徴を紹介します。

総合的におすすめは『TECH ACADEMY』

引用元:TECH:ACADEMY

「実践的な開発経験」を積むなら『TECH ACADEMY』がおすすめです。

初心者がPHPを学べるスクール選び=TECH ACADEMYなら実践的に学べる

TECH ACADEMYは「完全オンライン」のプログラミングスクールです。

PHP/Laravelコース」でPHPを学ぶことができます。

TECH ACADEMYでは、実際にWebアプリケーションをつくります

そのため、「開発ツール」や「データベース」などPHP以外の実践的知識も身につきます。

実際の開発で流行の「フレームワーク」「Laravel(ララベル)」も身につけられるので、即戦力になれます。

また、現役エンジニアがメンター(指導や助言をしてくれる人)として一人つきます。

ですので、定期的に個別相談できます。

チャットでいつでも質問をする体制も整っており、サポート体制も安心なのです。

「実践的な内容」や「サポート体制」を考えると、総合的に最もおすすめできるスクールです。

マンツーマンレッスン重視なら『CodeCamp』

引用元:Codecamp

オンライン学習が良いけれどマンツーマン指導のクオリティも重視したいという方は『CodeCamp』がおすすめのスクールです。

初心者がPHPを学べるスクール選び=CodeCampはマンツーマン指導でクオリティの高い学びができる

CodeCampも「完全オンライン」のスクールです。

WEBマスターコース」でPHPを学習することができます。

CodeCampのレッスンでは、毎回自由に講師を選ぶことができます。

なので「講師のあたりはずれのリスク」を軽減することができます。

通学制で選ぶなら『インターネット・アカデミー』

引用元:インターネットアカデミー

「通学スタイル」で学ぶならインターネット・アカデミ-がおすすめです。

初心者がPHPを学べるスクール選び=通学で学ぶならインターネット・アカデミ-

PHP講座」というコースでPHPを学習することができます。

「通学」は時間や場所の制約が多くなったり、料金面でも高くなりがちです。

しかし、「通学のほうがモチベーションを保ちやすい」という方は一定数います。

例えば、仲間と顔を合わせて切磋琢磨できるという通学ならではのメリットもあります。

時間や予算に余裕があって、どうしても通学でPHPを学びたい方にとっては筆頭の候補です。

PHPが学べるプログラミングスクールの比較

PHPが学べるプログラミングスクールの比較

レッスン内容はスクールによって大きく異なるので、慎重に比較しましょう

初心者スクール選び=レッスン内容の違いを比較する

ここからは「PHPの学べるプログラミングスクール」を

  • 料金
  • レッスン内容

の2点で比較していきます。

料金比較

それぞれ「内容」や「期間」、「サポート」が異なるので単純な料金比較は出来ません。

ここでは各スクールの標準的なプランで料金を比較してみます。

 PHPのレッスン料金
Tech Academy8週間プラン

社会人189,000円(税抜)

学生139,000円(税抜)
Code Camp2ヶ月

148,000円(税抜)+入学金10,000円(税抜)
インターネットアカデミー217,029円

『TECH ACADEMY』の料金

TECH ACADEMYの 「PHP/Laravelコース」は「8週間プラン」の料金が社会人189,000円(税抜)、学生139,000円(税抜)です。

メンタリングが計15回受けられます。

チャットサポートは毎日15時から23時の間、いつでも可能です。

『CodeCamp』の料金

CodeCampの「Webマスターコース」は「2ヶ月プラン」の料金が148,000円(税抜)です。

これに別途入学金10,000円(税抜)がかかります。

レッスンは計20回受けられます。

『インターネット・アカデミー』の料金

インターネット・アカデミーの「PHP講座」の料金は217,029円(税込)です。

受講時間は44時間となっており、各時間を後述する3つの受講方式に好きなように割り当てることができます。

レッスン内容比較

次は各スクールの受講形式と内容を見ていきます。

スクールは大きく分けて

  • 通い型
  • オンライン型

の2つに分けることができます。

通い型は「仲間と一緒に学習ができる」ので、「みんなで学習したい」人におすすめです。

しかし「時間と場所が限られる」ことがデメリットです。

逆にオンラインは場所と「時間にとらわれない」ことがメリットです。

しかし基本一人で学習しなくてはならないので「モチベーションを保つのが難しい」のがデメリットです。

「自分の生活や性格に合ったスクール」を選びましょう。

『TECH ACADEMY』のレッスン内容

オンラインで疑問点を何度も聞きたいなら『TECH ACADEMY』がおすすめです。

TECH ACADEMY=いつでもオンラインで疑問点を質問できる

『TECH ACADEMY』ではカリキュラムに従い、オンライン教材を自習していきます。

週2回、マンツーマンで現役エンジニアとの30分間のメンタリングがあります。

そこで「溜めていた質問」を消化できます。

また、毎日15時から23時にはチャットツールSlack)で質問が行えます。

チャットがあるので細かい疑問を何度も答えてもらえます。

例えば、実際のエラーメッセージを貼り付けて質問することもできます。

他の受講生の質問も見れるので、刺激になるでしょう。

PHPが学べる「PHP/Laravelコース」は、次の3つのWebアプリの作成を目指します。

  • 掲示板アプリ、
  • Twitterライクなアプリ、
  • オリジナルアプリ

アプリの作成を通して、PHPだけでなく「HTML/CSS」「SQL」といった言語が学べます。

また、「Bootstrap」「Git」など実際の開発で用いられるツールを使います。

したがってより実践的な知識を身につけることができます。

他にも特筆すべきは、Laravelという現在トレンドのフレームワークを学べることです。

フレームワークとは、「プログラミングを効率的に行うための流派」のようなものです。

最近の開発では何かしらのフレームワークが使われていることが殆どです。

Laravelを用いた開発を行っている企業は多いので、就活でもアピールできます。

CodeCampのレッスン内容

早朝や夜にマンツーマンレッスンを受けたいなら『CodeCamp』がおすすめです。

CodeCamp=早朝や夜にマンツーマンレッスンを受けられる

CodeCampは「レッスンを受けられる時間帯が広い」ので、社会人でも継続しやすいです。

オンラインで教科書の内容を学習し、課題を解いていきます。

不明点が出てきたら、現役エンジニアとのマンツーマンレッスンで質問できます。

このレッスンは「毎日7時〜23時40分の間」で好きな時に予約出来ます。

「WEBマスターコース」では「ログイン機能のあるECサイト」などを題材にWebサイトを作成します。

これにより「HTML/CSS」「JavaScript(jQuery含む)」「MySQL」といった複数の言語の知識も身につけることができるようになっています。

インターネット・アカデミーのレッスン内容

インターネット・アカデミー』の授業形態は次の3つから選択できます。

  • 生の授業を聴講する「ライブ授業」
  • そのライブ授業のビデオをいつでもPCで聴講できる「オンデマンド授業」
  • 60分間インストラクターからの個別指導を受けられる「マンツーマン授業」

これらのなかから毎回好きなスタイルで学習することができます。

PHPが学べる「PHP講座」のカリキュラムは下記の通りです。

  • PHPの概要・基本文法
  • Webプログラムの基礎
  • フォーム
  • 掲示板
  • オブジェクト指向とデータベース基礎
  • クッキーとセッション
  • デバッキングとセキュリティ対策
  • WordPress

一つのWebアプリケーションをつくるというよりは、「単元」(それぞれの学習内容のまとまり)ごとに学習していくイメージです。

学習内容は実践的で、以下のようなことが学べます。

  • ファイル操作による掲示板
  • データベースを用いた顧客管理システム
  • 代表的なCMSであるWordPressのカスタマイズ

また、「PHP技術者認定試験」資格の取得に対応しているのはインターネット・アカデミーだけです。

PHPの特徴とプログラミングスクールで学ぶメリット

結論、PHPはスクールで学ぶのがおすすめです。

PHP学習はスクールに通うのがおすすめ

スクールに通うと

  • 実践的なプログラミングを習得できる
  • 質問できる

という2つのメリットが挙げられます。

しかし初心者の中には

プログラミング学習者プログラミング学習者

言語は本当にPHPで良いのかな・・・
スクールに通うべきなのだろうか・・・

といった点で悩んでいる人も多いと思います。

そんな方にここからは「PHPの特徴」と「スクールで学ぶ具体的なメリット」を紹介します。

PHPの特徴

PHPの特徴はなんと言っても素早くWebアプリケーションを作れるところです。

PHPは早くWebアプリケーションを作ることができる

PHPはHTMLに埋め込んで記述できるなど、「Webアプリの開発」に特化しています。

コンパイル不要で開発環境を整えやすく、デバッグ(プログラム上の不具合などを発見し、修正すること)もしやすいです。

実行速度は「Java」や「C#」で作ったWebアプリに劣るものの、その扱いやすさから

  • 会員制システム
  • 通販システム

など、比較的簡易なシステムに利用されることが多いです。

有名なCMSであるWordPressもPHPのアプリケーションです。

PHPをスクールで学ぶメリットその1:実践的なプログラミングを習得できる

スクールに通うと「実践的なプログラミング」を習得できます。

初心者にとって最も難しいのが、「勉強の取捨選択」です。

PHPの書籍には分厚いものがたくさんありますが、世のPHPエンジニアがこれを全て理解している訳ではありません。

全て勉強していたら時間がいくらあっても足りません。

多くのエンジニアは開発の中で言語を身に着けていきます。

スクールなら仕事で使う実践的なプログラミングに絞って教えてもらうことができます。

したがって「勉強の無駄」を省き、効率的に学習できます。

PHPをスクールで学ぶメリットその2:質問できる

プログラミングスクールに通えば講師が生徒の悩み質問すぐに答えてくれます。

中上級者になれば、分からないことも調べればある程度は自分で解決できるようになります。

しかし初心者の方の場合、最初はほとんどのつまづきます。

大抵の場合、「プログラミングが始まる前の環境構築」で挫折するのです。

この点で「ネット」や「書籍」による独学は難しいです。

しかし、スクールであればプロのエンジニアに質問できるので、挫折する前にサポートしてくれます。

エラーの対処法には方法論があり、「現場のテクニック」を教えてもらうことができます。

PHPを学びたいと考えているのであれば、プログラミングスクールに通いましょう。

プログラミングスクールは、独学で学ぶよりもはるかにメリットがあります。

【関連記事】プログラミングスクールの選び方とおすすめのプログラミングスクールの詳細はこちら