経験ゼロから2ヶ月でkotlinが学べるおすすめのプログラミングスクール

本記事では

Kotlinが学べるおすすめのプログラミングスクール
Kotlinが入門者に優しい理由
Kotlinをプログラミングスクール以外で学ぶ方法
Kotlinが注目されている理由、将来性

Kotlinでできること

などを解説していきます。

Kotlinコトリン)とは、Androidアプリ開発で現在非常に注目されている言語です。

世界的にも需要を伸ばし、勉強もしやすい言語で初心者にも人気を集めています。

そんな今もっとも注目されている「Kotlin」を学べるおすすめのプログラミングスクールをまずは紹介していきます。

Kotlinが学べるおすすめのプログラミングスクール3選


ここから「Kotlinを学べるおすすめのプログラミングスクール」を紹介していきます。

プログラミングを学ぶ場合、一番おすすめなのがプログラミングスクールに通うことです。

なぜならば、プログラミング初心者が独学で学ぶのは非常に難しいためです。

プログラミングスクールは少々割高ではあります。

しかし、初心者でもしっかりプログラミングを学べます

今回は、そんな数あるプログラミングスクールの中でも「Kotlin」を学ぶことの出来るスクールを3つご紹介いたします。

プログラミングジャパン

「Kotlinを学ぶのに一番おすすめのプログラミングスクール」はプログラミングジャパンです。

プログラミングジャパンでは、「学習の最終目標」をスマホアプリ開発に絞っています。

そのため、「Swift」と「Kotlin」の学習に力を入れています。

プログラミングジャパンでは一人一人にあわせたフルオーダーカリキュラムでレッスンを組みます。

そのため、プログラミング初心者でもしっかりと学習することが出来ます。

期間別で学習コースが3つ用意されており、最短1~2ヶ月で学ぶ事が可能です。

卒業した後の進路も、企業での研修を行ったりとしっかりとサポートして貰うことができます。

Techacademy

引用元:Techacademy

次のKotlinを学べるおすすめのプログラミングスクールは「Techacademy」です。

Techacademyでは、AndroidアプリコースでKotlinを学ぶことが出来ます。

Techacademyはパーソナルメンター制度を導入しており

・週二回のマンツーマンメンタリング
・毎日15時~23時の間はチャットでのサポート

など、受講生が挫折しないように様々なサポートを行ってくれます。

料金プランは4つあり、最短1ヶ月から学ぶ事ができます。

RainbowApps

引用元:RainbowApps

RainbowApps」も、Kotlinを学ぶのにおすすめのプログラミングスクールの1つです。

RainbowAppsでは、Androidアプリ開発コースで「Java」と一緒に「Kotlin」を学ぶ事ができます。

コースは入門コースや中級コースなどの4つに分かれています。

その中から自分のスキルにあったコースを選択することができます。

講師は全員現役のエンジニアのため、安心して学べることもおすすめの理由の1つです。

「プログラミング未経験者向け」の入門コースは全2回のため、気軽に受講することができます。

経験ゼロでも大丈夫!Kotlinが入門者に優しい理由


「Kotlinが入門者に優しい理由」は、学びやすいからです。

Kotlinは、2011年に発表され、2016年に正式リリースされました。

プログラミング言語の中でも比較的新しい言語になります。

他の言語の長所を取り込みつつ、学びやすさに重点を置いて開発されました。

入門者でも学びやすい理由は

・Androidアプリなので開発物のイメージがつく
・開発環境の構築がとても簡単
・開発者が陥りがちなエラーを抑制する機能がある

の3つのポイントがあります。

Androidアプリなので開発物のイメージがつく

「Kotlinが入門者でも学習しやすい理由」は開発物のイメージがつくといった点です。

Kotlinは主にAndroidのスマホアプリの開発で使用されています。

スマホは今や持っていない人を探す方が難しいほど普及しています。

したがってほとんどの人がスマホアプリに触れた経験があるでしょう。

そういったユーザとしての経験があるから開発をする際に自分が何を作っているのか具体的にイメージがしやすいのです。

こういった点がKotlinが入門者でも学びやすい理由の1つです。

開発環境の構築がとても簡単

Kotlinは、開発環境の構築が非常に簡単です。

プログラミングを行うためには、「パソコンに開発を行うための環境」を用意しなければなりません。

通常は

・様々なソフトウェアをインストール
・パソコン自体の設定を書き換える

など複雑な操作が必要になることが多いです。

しかし、KotlinのAndroidアプリの開発環境であるAndroid Studioとても簡単に構築できます。

Android Studioは、Googleが提供している統合開発環境IDE)です。

名前の通り「Androidアプリの開発」に特化しています。

Android Studioをインストールすれば、すぐにAndroidアプリの開発を行うことが出来ま

開発者が陥りがちなエラーを抑制する機能がある

Kotlinには、「開発者が陥りがちなエラーを抑制してくれる機能」が存在しています。

プログラミング経験がある方はNullPointerExceptionに悩まされたことが一度はあるのではないでしょうか。

「NullPointerExceptionha」は初心者には見覚えなくとも、熟練者でも出しがちなエラーの1つです。

KotlinではこのNullPointerExceptionを未然に防いでくれる仕組みがあります。

そのため、「エラーを起こさないための処理」を開発者が意識する必要がないのです。

Kotlinをプログラミングスクール以外で学ぶ!

「Kotlinをプログラミングスクール以外」で学ぶ時におすすめの学び方を紹介していきます。

・働きながらKotlinを学びたい
・プログラミングスクールは割高なので安価に学びたい
・プログラミング初学者ではない

といった理由で、プログラミングスクール以外の方法でKotlinを学びたいという方も少なくないです。

その場合は学習サイト書籍を利用して学ぶことになります。

ここからはおすすめの「学習サイト」と「書籍」を詳しく紹介していきます。

Kotlinを学べるおすすめのオンライン学習サイトはドットインストール

引用元:ドットインストール

Kotlinをオンライン学習サイトで学ぼうとした場合、おすすめのサイトは「ドットインストール」です。

ドットインストールは動画を見て学ぶタイプの学習サイトです。

プログラミングに特化しており、様々な言語の学習動画が用意されています。

その中に、Kotlinの学習動画も用意されています。

一部の内容は無料で公開されている為、まずは無料で体験してみることが可能です。

また、有料プラン(プレミアムサービス)も月々1000円程度です。

そういった点から他のプログラミングスクールに比べれば安価で学ぶことが可能です。

kotlinを学べるおすすめの本はKotlinスタートブック

著:長澤太郎

出版社 リックテレコム

リックテレコムの書籍紹介ページ

書籍でKotlinを学ぶ場合におすすめなのが、『Kotlinスタートブック』です。

Kotlinスタートブックは、「日本Kotlinユーザグループ」の代表の方がまとめた一冊です。

2016年に発売された本のため少々情報が古い部分があります。

しかし、Kotlinを初めて学ぶ方には十分な情報が詰め込まれています。

注意点としては対象がJavaエンジニアやAndroidアプリ開発経験者向けとなっているという点です。

そのため、まずはJavaを学んでからこちらの本を手に取ることをおすすめします。

KotlinでできることはAndroidのスマホアプリ開発


Kotlinが得意としているのは、Android用のスマホアプリ開発です。

数年前までスマホアプリ開発は「Java」での開発がメジャーでした。

しかし最近では、Kotlinが急速にシェアを伸ばしています。

ここからはどうしてKotlinが人気が出てきたのか、Kotlinのシェア将来性について詳しくご説明していきます。

KotlinはGoogleがAndroid開発言語に正式採用された言語

2017年に、GoogleはKotlinをAndroidアプリ開発言語に正式採用しました。

これをきっかけにKotlinは大手企業でも採用されるようになり、急速にシェアを伸ばしました。

2017年より前からKotlinはAndroidアプリの開発をサポートしていました。

しかし、当時はあまり知名度の無い言語でした。

しかしながら、Androidを開発しているGoogleが正式に採用したことで一気に知名度が上がりました。

Androidアプリ開発はJavaからKotlinへ移る(移っている)

現在Androidアプリ開発JavaからKotlinに移り始めています。

KotlinはJavaとの互換性があります。

その他にも

・Javaのコードと共存させる
・JavaのコードをKotlinのコードに変換する

などといったこともできます。

そのため「Javaで開発したスマホアプリ」を、Kotlinでの開発に簡単に移行できます。

また、Kotlinは「Javaよりシンプルで分かりやすい」という特徴があります。

そのため、KotlinはJavaより開発しやすい言語と言えるのです。

これらのことから、大手企業ではAndroidアプリの開発をJavaからKotlinに移行しているのです。

これからもKotlinがどんどんシェアを伸ばしていくことが予想されています。

Kotlinのシェアや将来性や年収

注目を集めているKotlinですがシェア将来性年収はどのようになっているのでしょうか。

ここからはそれぞれについて詳しく解説していきます。

シェア

Kotlinは大手企業でのKotlinの採用実績が増えています。

また、「Androidアプリ開発」だけではなく「Webアプリの開発現場」でも人気が出てきています。

KotlinはJavaが動く環境全てで動かすことが可能です。

そのため、Androidアプリ以外の分野でもシェアを伸ばしていくことが考えられます。

2018年には求人数が前年度の5.3に増えています。

これらのデータだけでもKotlinの人気がよく分かりますね。

将来性

先述したようにKotlinのシェアは

・Androidアプリ開発の分野
・Webアプリの開発の分野

などこれからもどんどん伸びていくことか予想されています。

そのため、将来性は充分にあると言って過言ではありません。

年収

Kotlinの2018年度の年収は、以下の通りになっています。

・年収中央値:575万円
・最大提示年収:1200万円

ビズリーチ プログラミング言語別年収ランキング2018より

このデータはプログラミング言語別でいうと『Go』『Scala』『Python』に続く第4位です。

以上のことからもKotlinは非常に注目されている言語であることがわかります。

「今一番成長している言語」といっても過言では無い「Kotlin」。

Javaとの互換性を持ち
Javaよりシンプルで分かりやすい
初心者の方でも学びやすい言語
世界的にも注目を集めている

といった特徴をお伝えしました。

これからプログラミングを学ぼうと思っている方は、是非Kotlinを学んでみてください。

プログラミングを始めようか迷っていませんか?
プログラミングを始めてみようと思っても学習で挫折しないか
職業として生計を立てていけるか不安ですよね。

プログラミングジャパンでは全くの初心者でも最速で安定した収入を得るプログラマーになる為に必要なステップをLINE@で配信しています。