【無料のプログラミングスクール】の仕組みや特徴や評判とおすすめしない理由

プログラミングを学びたいと思った時、独学は難しいと感じる人も多いでしょう。

そんな時には講師がプログラミングを教えてくれる、プログラミングスクールという選択肢が思い浮かぶのではないでしょうか。

プログラミングスクールの中には、

  • 無料で授業が受けられる
  • 就職先の斡旋をしてくれる

といった話だけ聞けば夢の様なスクールが存在しています。

しかしながら、そんな上手い話には必ず裏があるのです。

今回は、そんな無料のプログラミングスクールの仕組みや特徴についてご紹介していきます。

無料プログラミングスクールの仕組みや特徴とおすすめしない理由

無料プログラミングスクールは年齢や、就職先に制約がある為おすすめしません。

無料プログラミングをおすすめしない理由=年齢や就職先に制限がある

無料のプログラミングスクールは年齢制限や就職先の縛りなどの条件があります。

プログラミングスクールが無料で授業を行えるのは、複数の企業が支援を行っているからです。

代わりに、スクールは生徒を提携企業へ斡旋しています。

その為、

  • 企業が求める年齢の生徒であること
  • 就職先は支援を行っている企業であること

と言った条件が生まれてしまうのです。

社会人で今の企業で働き続けたい、就職したい企業がある場合は、条件に沿わないため、スクールに通えません。

また30代は無料のプログラミングスクールに入れないことが多いです。

大体のスクールは20代までを対象としており、30代の方は入ることが出来ません

これは多くの企業が20代までの若年層をほしがっており、30代はその枠から外れてしまうことが原因でしょう。

中には30代でも入れるスクールが存在していますが、数はやはり少ないです。

就職先はSESの特定の企業のみに就職可能

無料プログラミングスクールに支援をし、システムエンジニアを欲しがっている企業は、SES系企業が多いです。

無料プログラミングスクールの特徴=就職先がSES系企業が多い

SES企業とはエンジニア向けの派遣会社です。

SES系企業はブラック企業であることが多く就職後、プログラミングを行う事も少ないようです。

しかしながら、プログラミングスクールが指定した企業以外に就職すると有料になってしまうケースがあります。

なのでこれら以外の企業の選択肢が用意されていない場合が多いのです。

中には有名企業に就職可能と広告しているプログラミングスクールもあります。

しかし全員が全員その企業に就職できるわけではありません。

狭き門であることは認識しておいたほうが良いでしょう。

無料プログラミングスクールはモチベーションの低い生徒が集まるのでおすすめできない

料金だけをみて選ぶ人は、プログラミングに対するモチベーションが低いことが多いです。

無料プログラミングスクールの特徴=生徒のモチベーションが低い

無料なら学ぶが、お金を払ってまで学びたいと思わないと思う人は、大体の方がモチベーションが低いでしょう。

そんなモチベーションが低いスクールでは、自分自身のモチベーションも下がってしまいます。

プログラミングを本気で学びたいと思っているのであれば、有料でも自分に合うスクールを選んだ方が良いでしょう。

特にモチベーションが維持できる環境であることは、プログラミングを学んでいくうえでとても重要だと言えます。

無料のプログラミングスクールは本気でお金がないが鉄の意志を持っている方向け

無料のプログラミングスクールは、本当にお金がないが、プログラマーになりたい方にとってはよいところです。

無料プログラミングスクール=お金がないが本気でプログラマーになりたい人向け

授業の内容自体は、有料のプログラミングスクールと大差ないことが多いためです。

また、独学で勉強するよりは、わからなかったことをすぐに聞ける環境というのは、とても貴重であると言えます。

しかし,モチベーションの維持が難しかったり、ブラック企業に就職させられたりする可能性が否めません。

また無料という環境は、有料スクールと比べて投げ出しやすいです。

もし、無料のプログラミングスクールに行くことを考えている場合は、これらのことを踏まえた上で通うようにしましょう。

無料プログラミングスクールの評判

無料スクールの評判は悪くありませんが、無料体験で自分で確かめるのがおすすめです。

無料プログラミングスクールの評判=悪くはないが自分で確かめる必要あり

無料プログラミングスクールですが、調べてみると評判の良いスクールが多いです。

授業の内容が有料のスクールと大差ない、就職先は有名企業も選べるなどと言った評判もあります。

これらは確かにその通りかも知れませんが、実際にはモチベーションの低い生徒がいます。

また自分のモチベーションも維持できなくなって、無料だからと気軽に辞めてしまう方も多いようです。

こういったことを見極めるためには一度、無料体験などの制度を利用して授業を受けてみるのが一番でしょう。

大抵どのプログラミングスクールでも無料体験を行うことができます。

自分自身で授業の様子や他の生徒達の様子を見て判断してみてください。

無料プログラミングスクールが紹介するSESってなに?ブラックなの?

無料プログラミングスクールが紹介するSES企業には気を付けましょう

プログラミングスクールから転職するなら=SES企業には気を付けましょう

SESとは、システムエンジニアリングサービス契約のことを指します。

これはシステム開発等に関する委託契約の一種で、システムエンジニアの能力を契約の対象とする契約のことです。

これは法律上業務請負の一種、準委任契約とみなされており、賃金は技術者の労働力に対して支払われます。

成果物を完成させる責任については問われないことや、指揮命令系統や労務管理が発注元の企業から独立している必要があります。

SES契約自体は、きちんと運営されていればブラックになることはありません

SES契約=ブラックではないのです。

それではSES系企業について、詳しく紹介していきます。

SES系企業とは

SES系企業とは、SES契約でシステムエンジニアを派遣することをメインとしている企業のことです。
SES系企業とは=システムエンジニアを派遣することをメインとしている企業

システムエンジニア専用の派遣企業と言い換えた方がイメージしやすいのではないでしょうか。

しかし、後述しますが契約内容が通常の派遣企業とは異なることに注意してください。

SESでの働き方はブラック企業なところが多い

SES企業のの多くは働き方がブラック企業であることが多いです。

SESの実態=働き方がブラックな企業が多い

上記で派遣企業という表現を使いましたが、厳密には派遣契約とSES契約は違います。

派遣契約では派遣先の企業(業務発注元の企業)が指示を出し、業務を行うことができます。

対してSES契約ではあくまで派遣元の企業(業務発注先の企業)が指示を出さねばなりません。

その為、派遣される社員は専門的知識や経験が必要となり、その能力を契約の対象として扱うことになります。

しかしながら、これを守れていない企業が多いのです。

  • 形式的にSES契約を結び、実態は派遣契約、請負契約で働かせている
  • 派遣業の許可を得ないままエンジニアを派遣している

といった場合などがあります。

これらは違法派遣偽装請負となり、違法行為となります。

その為、SES系企業にはブラック企業が隠れている可能性がとても高くなります。

また、違法行為を行う企業は、長時間労働、安月給だったりします。

SES企業はプログラミングの経験値が積めないところが多い

SES契約で企業に派遣される場合、業務内容がプログラミングを行わないものである場合が多いです。

SESの実態=プログラミングの経験値を積めない

SES企業の業務内容は大体の場合が

  • ソフトウェアの保守運用
  • ソフトウェアの動作確認を行うテスター

と言った業務を任されることになります。

これらはどちらもプログラミングを行いません

プログラミングの知識もあまり必要としません。

なのでせっかく学んだプログラミングの知識を無駄にしてしまうことになります。

また、プログラマーとしてのキャリアも積むことができません。

プログラマとして成長できないので、転職もしにくくなります。

有料プログラミングスクールをおすすめする理由

 

プログラミングスクールに通いたいのであれば、有料のプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

スクールに通うなら=有料スクールがおすすめ

これまで説明したとおり、無料のプログラミングスクールにはおすすめできない理由が揃っています。

逆に有料のプログラミングスクールには、以下のようなおすすめ出来る理由が存在します。

有料プログラミングスクールをおすすめする理由は質の高い生徒が集まる

お金を払ってまで学びたいと思う人達が集まるわけですから、質の高い生徒達が集まってきます。

有料スクールに通うメリット=質の高い仲間に出会える

周りが授業に際して意欲的であれば、自然と自分のモチベーション維持にも繋がるでしょう。

また、自身もお金を払っているため、気軽に辞めるという選択肢が取りづらくなります。

モチベーションが下がりやすい方、飽きっぽい方でも、数十万円を無駄にしたくないはずです。

よって授業へ取り組む意識も自然と意欲的になっていくでしょう。

エンジニア転職ができれば、投資した金額は元が取れるし長い目で見ればとても安い

有料スクールでも優良企業に転職すればスクール代金はすぐに稼げます

有料スクールに通うメリット=優良企業に転職できるのでスクール代金をすぐに稼げる

有料プログラミングスクールは、社会人であればどんなに安くても15万円程度の費用が必要になります。

しかし有料スクールはサポートが充実しているので、効率よく学習ができます。

また、有料のスクールからは、優良企業に転職できる可能性が高いです。

そして、転職できればスクール代はすぐに稼げます。

反対に無料のスクールに通った場合、自分と合わずなかなかスキルが身につかない可能性があります。

そして無料スクールからはブラックな企業に転職させられる可能性もあります。

お金をケチる代わりに時間と労力を余計に浪費してしまうことになります。

なので多少お金がかかっても有料のスクールに通うのがおすすめです。

【関連記事】プログラミングスクールの選び方と、おすすめのプログラミングスクールについてはこちらで紹介しています

初めてのプログラミングスクールをお探しですか?
プログラミングスクールを選ぶ際に
「挫折しないか」「仕事に繋げられるか」は重要なポイントですよね。

プログラミングジャパンでは「あなた専用のカリキュラム」を作成し、マンツーマンで就職、転職まで徹底的にサポートします。プログラミングジャパンの詳細はこちら