大学生(学生)向けのプログラミングスクール3選【学割あり】選ぶポイントを解説

大学生おすすめのプログラングスクールを紹介していきます。

大学生になり、親元を離れてから

プログラミング学習者プログラミング学習者

プログラミングに興味があってスクールで勉強したいけど
スクールが多すぎてどこがいいのかわからないなぁ・・

という悩みを持つ大学生は多いと思います。

近年、凄まじい速度で進む

・IT化
・プログラマ不足

などの要因に伴い、プログラミングスクールは急増しています。

そこで本記事では

大学生のプログラミング学習におすすめのスクール
プログラミングスクールの料金の比較
大学生におすすめのプログラミング言語 

などを解説していきます。

目次

プログラミング学習は学生(大学生)から始めよう

 

プログラミングは学生、大学生のうちに習得しておくと、社会人になってから習得するより時間に余裕をもって習得できるので早いうちに始めた方が良いです。

学業、アルバイトで忙しい・・・という方も多いかもしれませんが、社会人になってからだと仕事の後に、休日に習得を進めることになるのでもっと忙しくなります。

プログラミングの良いところはスキルを習得してアルバイトで収入を得ることもできるところ。
時給は1,000円以上になることも多いので、習得したスキルはアルバイトに活かすこともできます。

プログラミングスクールではスキル習得~仕事を獲得する方法、ノウハウがあるのでこういったサポートも受けられます。

学生(大学生)からプログラミングを学んでおくメリット

 

学生、大学生のうちにプログラミングを学ぶメリットを感じない、どんなメリットがあるのか分からない方も多いと思いますが、実はプログラミングは早いうちに学んでおくといろんなメリットがあります。

ここでは学生からプログラミングを学ぶメリットについてみていきたいと思います。

就職先の幅が広がる

プログラミングというとITエンジニアのイメージがあるので理系向きと考えている方も多いと思いますが、実はプログラミングは理系・文系関係なく習得できるので、理系じゃないと習得が難しいということはありません。

自分は文系だという方もプログラミングを学ぶことで就職先の幅が広がるのでぜひ習得にチャレンジしてみましょう。

副業に活かせる

学校、大学を卒業したら就職する方がほとんどだと思いますが、近年、正社員雇用された場合でも副業が認められる企業が増えています。
在宅でできる副業としてプログラミングが社会人の中でも人気があり、働きながらプログラミングを習得する方も増えています。

学生のうちにプログラミングを学んでおくことで仕事を始めた後も副業でスキルを活かすことができます。

10代、20代から学習を始めてフリーランス・起業ができる

システム開発、AI開発などIT技術が急速に発展している現代では、10代でプログラミング開発、オリジナルサービスを作成したり起業する方もいるほどです。
10代、20代からプログラミングを学ぶことでできるだけ早くフリーランス・起業も目指すことができます。

30代で習得を始めるか、10代、20代で習得を始めるかではプログラミング経験の年数に大きな差が出るので、興味のある方は今からぜひ習得を考えてみましょう。

大学生におすすめの【学割が利く】プログラミングスクール3選!

大学生がプログラミングスクールを利用する上で必須となってくるのが学割が利くかどうかという点でしょう。

ここから以下の3つの「学割の利くおすすめプログラミングスクール」を紹介します。

  • プログラミングジャパン
  • CodeCamp
  • Tech Camp

『プログラミングジャパン』でいつでもどこでもオンラインレッスン

スマホアプリ開発を学ぶならプログラミングジャパンがおすすめ

大学生のプログラミングスクール選び=スマホアプリを学ぶならプログラミングジャパン

プログラミングジャパンは2019年の1月に誕生した、新しいプログラミングスクールです。

スマホアプリ開発に特化しているのが特徴です。

エンジニアエンジニア

プログラミングジャパンではレッスンを通じて「最短1ヶ月」でスマホアプリを作ることができるよ!

また、オンラインでのレッスンを行なっているため、深夜帯含め時間にとらわれずプログラミングを学ぶことができます。

今なら、3〜6ヶ月コースを受講すると「レッスン代金」+「5万円」でMacBookAirが無料でもらえるキャンペーンもやっています。

こちらは他のプログラミングスクールにないサービスです。

『CodeCamp』でオンラインレッスン

引用元:Codecamp

Webに関する知識を幅広く身に着けるならCodeCampがおすすめ

Webに関する知識を幅広く身に着けるなら=CodeCamp

CodeCampも「オンラインレッスン型」のプログラミングスクールとなっています。

こちらは365日朝早くから夜遅くまでレッスンの対応をしています。

また、レッスンの予約を当日予約、当日変更できるのもCodeCampの強みです。

プログラミングのレッスンをフレキシブルに行えるため、通常の学業との両立が簡単にできます。

教室のプログラミングスクールなら『Tech Camp』

引用元:TECH::CAMP

Tech Camp満足度98%を誇るプログラミングスクールです。

今年1月時点で1万人以上の受講生を請け負った経験豊富なプログラミングスクールです。

こちらも「オンライン対応」をしています。

そして全国各地に拠点があるため、インストラクターと面と向かってレッスンを行うこともできます。

また、ひと月当たりの受講料も他のプログラミングスクールと比較して安いです。

なので収入の少ない大学生には優しいプログラミングスクールと言えます。

就職まで面倒をみてくれるスクールはプログラミングジャパン

就職まで目指すなら支援が手厚いプログラミングジャパンがおすすめ

エンジニア就職を目指す=プログラミングジャパンがおすすめ

IT業界へプログラマとして就職・転職する上で、ポートフォリオ」があることは大きなアドバンテージとなります。

ポートフォリオとは「自身の技術をアピールするための成果物をまとめたもの」です。

プログラミングジャパンでは、1つのスマホアプリ完成が卒業の条件となっています。

なのでスクールに通いながら就職対策ができます

そのため、卒業した後に

プログラミング学習者プログラミング学習者

就職活動でポートフォリオを作ることができなくてスクールで学んだことが生かせなかった

などといったことはありません。

スムーズに就職・転職活動に入っていき、有利な立場で就職・転職活動を行うことができます。

大学生でも料金で諦めず学ぼう!スクールをおすすめする理由

プログラミングスクールの価格はコースによって安価なスクールもあります。

プログラミングスクール価格=安価なコースもある

ここではここまでで紹介したプログラミングスクールでかかる料金を一覧にして紹介します。

  • プログラミングジャパン: 1~2ヶ月158,000円
  • CodeCamp: 2ヶ月プラン398,000円(分割払い可能)
  • Tech Camp: 月額14,800円(分割払い可能)+ 入会金148,000円

プログラミングスクールの中には50万円以上かかるものもあります。

上のプログラミングスクールのコースは「比較的安価」といえます。

これらの料金で「本格的なプログラミング学習ができる」のは収入の少ない大学生には魅力的です。

アルバイトの時給があげられるのですぐに回収できる

スクール代金は高いですが「プログラミングスキル」を身につければ、スクール代金分をすぐに稼ぐことができます。

プログラミングスキルを身につければ=スクール代はすぐに稼げる

プログラミングのスキルがつけばアルバイトとして平均時給3000円以上の仕事を受けることができます。

また、本格的な開発の仕事を受注できればアプリ開発1件で50万円以上の案件を受けることもできます。

エンジニアエンジニア

プログラミングの案件はこういった高単価での案件が多いんだよ。

プログラミングスクールでかかった費用もすぐに回収することができます。

アルバイトのメリットは大学生のうちから経験値を詰める

プログラミングの力さえつけば、大学生のうちからアルバイトとして働くことができます。

プログラミングスキルを身につければ=大学生のうちから働ける

つまり、大学生のうちに実務経験を積むことが可能ということです。

これもまた就職に有利な立場となれます。

また、インターンシップの受け入れをしている企業などもあります。

エンジニアエンジニア

インターンを受けて「学生のうちから開発経験を積むことができる」というのが大学生の特権だね!

早く習得することで将来のメリットが大きい

プログラミングは社会人になってからでも習得できますが、働きながらの習得は簡単ではなく挫折しやすいという面があります。
また、習得後も経験年数、習得できるスキルも学生から習得するよりも幅が狭くなりがちなので選べる仕事にも限りが出てきます。

学生のうちから習得すると習得後の経験年数も長く確保でき、より多くのスキルを習得していけるので、就職、副業、フリーランスの道もそれだけ早く拓くことができ収入面でも高収入を目指すこともできます。

時間を有効活用して効率良く習得できる

学生のうちは学業、アルバイトに忙しいという方も多いかもしれませんが、授業の空き時間や帰宅後の数時間といった空いた時間を有効活用して習得を進められる点が学生のうちに学習するメリットです。

確保した時間で効率よく学習するためにプログラミングスクールを取り入れれば、分からないところも解決しやすくスムーズに学習を進めることができます。
独学で悩む時間を大きく費やすよりもプログラミングスクールで時間を有効活用して学習することをおすすめします。

学生(大学生)のスクール選びのポイント

 

学生、大学生からプログラミング学習がおすすめであること、プログラミングスクールについてみてきましたが、実際に選ぶときはどういったポイントを見て選ぶと良いでしょうか。

学生、大学生のスクール選びのポイントについてはこういったポイントがあります。

  • 無料のプログラミングスクールは避ける
  • マンツーマン指導のレッスンを受ける
  • 就職サポート、フリーランスサポートを受ける
  • 支払い計画の相談ができる
  • Web制作、スマホアプリ開発のスクールがおすすめ

それぞれについて詳しくみていきたいと思います。

無料のプログラミングスクールは避ける

無料で通えるスクールはおすすめしません。

プログラミングスクール選び=無料のスクールはさける

無料のプログラミングスクールでは、メールやチャットでの対応のみの場合があります。

オンラインでインストラクターと面と向かってレッスンすることができないスクールも多くあります。

また、就職・転職のためのフォローなどがないスクールも多いです。

そのため、ここで紹介した

  • オンラインでのレッスンの受講が可能
  • 卒業後のフォローのある

プログラミングスクールを受講する方が、断然お得で身になります。

マンツーマン指導のレッスンを受ける

独学で学習するよりも講師(メンター)による指導を受けるマンツーマン指導のレッスンがおすすめです。

プログラミングスクール選び=マンツーマン指導のレッスンを受ける

プログラミング学習では独学の場合、分からないところでつまづいて挫折してしまうことが多く、解決するのに時間をかけてしまうことがありますが、講師からマンツーマン指導を受けることで問題を早く解決し次のステップに移ることができます。

効率良く習得するなら講師に質問しやすいマンツーマン指導がおすすめです。

就職サポート、フリーランスサポートを受ける

プログラミングスクールでは学習サポートだけでなく就職サポート、フリーランスサポートを受けられます。

プログラミングスクール選び=就職サポート、フリーランスサポートを受ける

スキルの習得だけなら独学でも可能ですが、独学とスクールの違いは質問ができることだけでなく、習得後のサポートがあることです。

スクールでは、就職先の選択に悩んだときや習得後にアルバイトを始めたいときの案件探しなどさまざまなことを相談できるのでこうしたサポートをぜひ活用していきましょう。

支払い計画の相談ができる

プログラミングスクールは受講料金を無理なく支払うことができるよう、クレジット払い、分割払い、月額払い、ローン払いに対応しているスクールを選ぶと良いでしょう。

プログラミングスクール選び=支払い計画の相談ができる

プログラミングスクールでは最短1か月のコースでも5万円~10万円前後かかることが多いですが、学生にとっては大きな出費となります。
プログラミングスクールでは一括払いだけでなく様々な支払い方法に対応しているので支払いについて不安がある方は一度無料体験で相談してみましょう。

Web制作、スマホアプリ開発のスクールがおすすめ

学生(大学生)が学ぶならWeb制作、スマホアプリ開発のスキルがおすすめです。

プログラミングスクール選び=Web制作、スマホアプリ開発のスクールがおすすめ

Web制作はHTML、CSS、JavaScriptといったプログラミング基礎の習得ができ、仕事の案件数も多い点がおすすめポイントです。
スマホアプリ開発はスマホ、タブレットで使うアプリを開発でき、仕事の案件数、今後の需要も高くなることが想定されるためおすすめです。

将来的にはオリジナルサービスを作成して収入を得ることも可能なので、学生から始めるならぜひ習得をおすすめします。

大学生におすすめの言語はスマホアプリ作成のための言語

大学生におすすめの言語はスマホアプリを作れる言語がおすすめです。

大学生のプログラミング学習=スマホアプリ開発がおすすめ

プログラミング言語には

・Web系
・スマホアプリ系

などさまざまな分野の言語があります。

その中で大学生におすすめなのは馴染深いスマホアプリ開発です。

普段からよく使っているスマホアプリの開発なら抵抗なく学習していくことができるでしょう。

言語の学びやすさはスマホアプリ開発言語のSwiftやKotlinが抜群

スマホアプリを開発するためのおすすめ言語は『Swift』や『Kotlin』になります。

大学生おすすめの言語=SwiftとKotlin

SwiftはiPhoneのアプリであるiOSアプリKotlinはAndroidアプリの開発におけるメジャーな言語です。

二つの言語は比較的新しい言語です。

そのため他の言語の良いところを取り入れています。

エンジニアエンジニア

Swift」と「Kotlin」は比較的習得しやすい言語だよ。

なので大学生でも、学生生活と両立しながら学習を進めることができるでしょう。

スマホアプリ作成の将来性:伸びるアプリ開発市場

スマホが世に出てからほんの10年余りですが、スマホアプリの需要は伸び続けています。

大学生がスマホアプリ開発を学ぶメリット=需要が伸び続けている

今ではさまざまなスマホアプリが世に出てきています。

「生活や仕事の役に立つ便利アプリ」はもちろんですが、それだけでなく「ゲーム」も今やスマホが主流といっていいでしょう。

したがって今プログラミングを学ぶなら「スマホアプリに特化したプログラミング言語」を学習するのがおすすめなのです。

就職・転職に有利なアプリ開発ができるという大きな強みを持ちましょう。

スマホアプリ専門に特化したスクールで学ぼう!無料体験をうけよう。

まずは無料体験に参加して、スクールの様子を体感するのがおすすめです。

大学生のスクール選び=無料体験に参加する

今回紹介した

・プログラミングジャパン
・CodeCamp
・Tech Camp

のスクールはスマホアプリに特化したプログラミングスクールです。

どのプログラミングスクールも

・無料体験
・無料面談

などのサービスがあります。

なのでプログラミング学習に自信のない方でも、まず無料体験を受けてみることをおすすめします。

まとめ

 

学生のうちからプログラミングを習得しておくとアルバイトに役立てることができ、さらには就職先の幅を広げることもできます。

プログラミング習得にはプログラミングスクールでの学習がおすすめで、その理由には学習サポートを受けることで時間を無駄にせず効率よく必要なスキルを習得できるといったことが大きな理由です。

また、学生にとって重要なポイントは受講料金についてですが、受講料金の支払いについても計画的に行うことが大切です。
スクールでは負担を軽減するため分割・月額・ローン払いが可能なので相談してみましょう。

カリキュラム、スクールの雰囲気、料金・支払い面で満足のいくスクールが料金を抑えて質の高いスクールを選ぶポイントです。
気になるスクールを見つけたらぜひ無料体験を受けてみましょう。

ここまで、大学生におすすめのプログラミングスクールを紹介してきました。

大学生は社会人として働いている人と比べ、収入が少ない方がほとんどです。

そんな状況でも、本格的なプログラミング学習を行うことができるプログラミングスクールはあります。

まずは無料体験からでもプログラミングスクールでレッスンを受けてみてはいかがでしょう。