iPhoneアプリ開発の言語【Swift】が学べるプログラミングスクール・教室のおすすめ

iPhoneやMac用のアプリケーション開発にはSwiftという言語が使用されています

Swiftは開発されてから日の浅い言語です。

しかし現在はiPhoneアプリの開発に必須となっています。

そんなSwiftですが、実は初心者にも扱いやすい言語だということはご存じでしょうか?

Swiftを教えているスクールはたくさんあります。

Swiftを学べるプログラミングスクールは、次の3つのポイントを抑えて選びましょう。

・オンライン制のスクール
・卒業後の転職サポートがしっかりしているかどうか
・質問はいつでもできるかどうか

この3つのポイントを抑えているスクールが、Swiftが学べるスクールとして最良のスクールです。

この3つのポイントを抑えているスクールを厳選して、紹介します。

Swiftが学べるプログラミングスクールの比較・おすすめ

現在、Swiftが学べるプログラミングスクールはたくさんあります。

その中でもオススメなのは以下の三校です。

・プログラミングジャパン

・Tech:Academy

・Code Camp

これらのスクールについて、それぞれ詳しくご説明していきます。

プログラミングジャパン

プログラミングジャパンはアプリ開発に特化したプログラミングスクールでSwiftを学ぶことができます。

特徴は次の通りです。

・オンライン完結
・学習ペースを柔軟に変更できる
・就職・転職に強い

受講形式はオンライン完結です。

質問は講師にオンラインチャットですることができます。

定期的に講師と授業を兼ねた面談を行います。

学習のペースを講師と相談して決めることができます。

なので忙しい社会人でも隙間時間で学ぶことができます。

就職支援も充実しており完全初心者からエンジニアになれる環境が用意されています。

無料体験会も開いており参加するとスタッフと一緒に学習計画を立てることができます。

Tech:Academy

TechAcademyでは、iPhoneアプリコースでSwiftを学ぶ事ができます。

受講形式はオンライン完結となっています。

分からない事があったときはテキストチャット、ビデオチャットで講師に質問することができます。

また、カリキュラムは受講者ごとに設定されます。

そのため初心者だけではなくプログラミング経験者にも学びやすい環境となっています。

キャンペーンが多いことも特徴です。

キャンペーンを利用すれば料金の割引や、2つのコースを割安で受講することもできます。

基本料金は4週間で139,000円、学生は109,000円となっています。

Code Camp

CodeCampでは、アプリマスターコースでSwiftを学ぶことができます。

アプリマスターコースではAndroid用のアプリケーション制作も同時に学ぶことができます。

CodeCampは受講者自身が講師を選ぶことができます。

なので講師の教え方があわないということになりません。

レッスンを受けられる回数も2ヶ月で20回と多く設定されています。

テキストを読みながら学ぶのは苦手な方でも学びやすいでしょう。

基本料金は2ヶ月プランで148,000円となっています。

Swiftを学べるプログラミングスクールの選び方

ご紹介した三校の他にも、Swiftを学べるプログラミングスクールは存在します。

数あるプログラミングスクールの中で、自分にあったプログラミングスクールを選ぶのは大変です。

そんな方のために、プログラミングスクールの選び方をまとめてみました。

学習速度が自分にあっているのは完全オンライン制か通学型のスクールか

プログラミングスクールはオンラインのスクールがおすすめ。

スクール選びのポイント=オンラインのスクールを選択する

オンライン制は、自分にあった速度で学ぶ事が出来るからです。

また、オンライン制はマンツーマンで授業(レッスン)を受けることができるスクールが多いです。

プログラミングスクールは2つに分けられます。

・オンライン型スクール

・通学型スクール

オンライン型は言葉の通り、自宅でパソコンを使用して受講します。

通学型は、スクールのある教室に通って学びます。

どちらもメリット、デメリットはありますが、迷っている場合はオンライン制をおすすめします

卒業後の就・転職サポートがしっかりとしているか

卒業後の就・転職サポートがしっかりしているかどうかも重要なポイントになります。

スクール選び=就職・転職サポートが充実しているスクールを選ぶ

スクールのサイトで次の情報を確認しましょう

・コンサルタントやアドバイザーがいるかどうか
・どのような企業を紹介しているのか

就職の実績も参考にするといいでしょう。

質問はいつでもできるか

疑問点が出てきた場合、すぐに質問できる体制が整っているかどうかも重要です。

初心者スクール選び=生徒の学習サポートの良いスクールを選択する

オンライン制ではチャットサポート、通学型では教室にいる時間が主な質問のタイミングになります。

チャットサポートでは質問を受け付けている時間が比較的長くとられています。

通学型でも、自習室がもうけられ、いつでも質問できるといった場合もあります。

まずはプログラミングスクールの無料体験を受けてみよう

初心者は無料体験に参加してスクールの情報を得ましょう。

スクールの雰囲気をつかみたいなら=無料体験に参加して確かめてみよう

基本的には、どのスクールでも無料体験や無料説明会を行っています。

スクールの雰囲気や詳しい受講方法について知るには、無料体験を受けるのが一番分かりやすいです。

iPhoneアプリ開発のための言語「Swift」を学ぶメリット

それでは、数ある言語の中でSwiftをおすすめするメリットをご紹介します。

スマホアプリという成果物が目に見えるので学ぶ目的がわかりやすい

スマホアプリ開発は成果が目に見えるので自分が何を学んでいるのか意識しやすいです。

Swiftを学ぶメリット=学んでいることがイメージしやすい

そもそもSwiftはiPhone、iMacのアプリケーションを制作するために開発された言語です。

そのため、スマホアプリを作成することに特化しています。

スマホアプリは今や殆どの人が使い慣れています。

なのでどの機能を学んでいるのかわかりやすいといった特徴があります。

Swiftは初心者でも取り組みやすく、全ての言語の基礎になる

Swiftはコードが読みやすく書きやすいと言った特徴を持っています。

Swiftを学ぶメリット=言語自体もわかりやすく初心者でも習得しやすい

Swiftは比較的新しい言語です。

Swiftは歴代のプログラミング言語の良いところを取り入れています。

なので他の言語よりも習得難易度が低いです。

また、他の言語に似ている箇所が多いのも特徴です。

Swiftを扱えるようになれば、他の言語も学びやすくなります。

Xcodeは補助機能がたくさんある。

Xcodeは開発者をサポートする機能が充実しているため、初心者でも開発スキルを身に着けやすいです。

Swiftを学ぶメリット=初心者でも開発しやすい機能が充実

Swiftで開発を行う際には、Xcodeというソフトウェアを使用します。

Xcodeはアップル社より提供されています。

Xcodeは総合開発環境(IDE)と呼ばれアプリ開発に必要な機能を備えています。

Xcodeには以下のような機能が内蔵されています。

・Playground
・コード補完、検索機能
・画面制作機能

Playgroundはプログラムの動作結果を確認する機能です。

・希望通りの動作をしているのかが確認しやすい
・バグが見つけやすい

といった特徴があります。

コード補完、検索機能は、スマートフォンの予測変換機能に近い機能です。

例えば、「intValue」という単語を打ちたいとき、「int」と打つと候補と簡単な説明が表示されます。

その中から「intValue」を選択することにより、打ち間違いによるエラーを減らせます。

画面制作機能コードを一切打たなくても画面を制作できます。

画面の制作は部品をドラッグ&ドロップで配置するだけで、非常に簡単です。

この他にも、Xcodeは便利な補助機能を沢山備えています。

Swiftを学ぶと仕事が獲得しやすい

Swiftは新しい言語のため扱える技術者が少なく、スマホアプリを開発している現場では就職しやすいです。

Swiftを学ぶメリット=就職に強い

iPhoneの日本での普及率は高いため、SwiftでのiPhoneアプリ開発はどんどん広がっていくでしょう。

将来性を考えても、学んでおきたい言語です。

Swiftは扱いやすく、便利なプログラミング言語です。

最近ではスマホアプリだけではなく、Webアプリケーションの制作もSwiftで行えるようになりました。

そのため、Swiftを扱える技術者はこれからも重宝されます

エンジニアとして就職や転職を考えているなら、Swiftは非常にオススメの言語と言えます。

是非、無料体験会でSwiftのプログラミングを体験してみてください。

『アプリ制作』に特化したスクールをご存知ですか?
プログラミングを続けていくなら長く需要が望める「アプリ制作」の分野も熱いですよね。
プログラミングジャパンは「日本初のアプリ開発特化型スクール」です。
「最短2ヶ月」で「企業に即戦力として雇われるプログラミングスキル」を身につけることが出来ます。
プログラミングジャパンの詳細はこちら