プログラミング言語のSwiftとは?Swiftの特徴は初心者におすすめの言語

本記事では

Swiftの特徴や開発環境
SwiftとObjective-Cの違い
Swiftの学習におすすめの本とwebサイト
Swiftでできること
Swiftを使った仕事や求人情報

などを詳しく解説していきます。

Swift』 とは、iPhoneMac用アプリケーションの開発で主に利用されている「プログラミング言語」です。

「Swift」は「プログラミング言語」として発表されてから日が浅い言語です。

その「読みやすさ」と「書きやすさ」からプログラミング初心者にも簡単に扱える言語として人気があります。

ここからはそんな「Swift」について詳しく解説していきます。

Swiftとは

「Swift」とは、「Apple」が2014年に発表したプログラミング言語のことです。

・モダン
・安全
・インタラクティブ(対話式)

といった特徴を持ちます。

主に「iPhone」や「Mac」といった、Apple社製のOS上で動くアプリを作成することが出来ます。

元々、iPhoneやMac向けのアプリ開発には「Objective-C」という言語が使われていました。

しかし、この「Objective-C」は扱いづらい独特な特徴をいくつも持っていました。

エンジニアエンジニア

Objective-C」はプログラミングに慣れた人でも覚えづらく、扱いづらい言語だったんだよ。

こういった経緯からAppleは「扱いやすく」「覚えやすい」といった特徴がある「Swift」を開発したのです。

Swiftは、「初心者にとっても非常に扱いやすい言語」としても認知されました。

Swiftの特徴

「Swift」の大きな特徴は、4つ上げられます。

・現代的なモダンプログラミング言語
・他の言語との相互性
・playgroundの実行環境
・入門者・初心者が取り組みやすいプログラミング言語

これらの特徴について、それぞれ詳しく説明していきます。

現代的なモダンプログラミング言語

モダンという言葉は、そのまま訳せば「現代的」ということ。

しかしながら、「プログラミング言語」でモダンと言う言葉を使うときは

・コードが読みやすい
・コードが書きやすい

と言った特徴の事を指します。

先述したように「Swift」は開発されてからまだ日の浅いプログラミング言語です。

ですので、様々な言語の良いところを集めて作られています。

その結果、Swiftは非常に「モダンなプログラミング言語」となったのです。

他の言語との相互性

「Swift」は、「Objective-C」と互換性があります。

そのため、アプリを開発する際に「Objective-C」と「Swift」のコードファイルが存在していても問題なく稼働します。

今まで「Objective-C」で開発されていたアプリを「全てSwiftのコードに置き換える」という面倒な作業が必要がなくなるということです。

さらに、続きを「Swiftでそのまま開発できる」といったメリットがあります。

また、「Objective-C」に用意されているフレームワークライブラリをSwiftで使用することも可能です。

Playgroundの実行環境

「Swift」での開発に使用するのは「Xcode」というツールです。

「Xcode」には、ビルドを行う事無くリアルタイムでプログラムを実行し、確認することができる「Playground」という実行環境があります。

記述したコードの動きをすぐに確認することができます。

したがってプログラムのミスやバグをすぐに見つけることができます。

また、「Swiftの学習」や「コードの確認」にも使える機能です。

この「Playground」も「Swift」の大きな特徴の一つです。

Swiftは入門者・初心者が取り組みやすいプログラミング言語

先述しているように「Swift」は入門者や初心者でも取り組みやすいプログラミング言語となっています。

なぜならば

・開発環境の構築がいらない
・視覚的にわかりやすく理解しやすい
・デバッグを自動でしてくれる

といった「初心者にとって挫折しやすいポイントを解決してくれる特徴」があるからです。

開発環境の構築がいらない

先述したように「Swift」で主に使われる開発環境は「Xcode」という統合開発環境です。

この開発環境はダウンロードし、インストールするだけですぐに開発を始めることが出来ます。

他の言語では「PC自体の設定を変更」したりするなど「開発を始めるまでにやらなければならないこと」があります。

しかし、「Swift」では面倒な設定は必要ありません。

「Xcode」だけインストールすることができれば、「Swift」で開発を始める事ができます。

エンジニアエンジニア

多くのプログラミング初心者が挫折する「開発環境の構築」が省けるのも「Swift」の大きな魅力だね!

視覚的にわかりやすく理解しやすい

「playground」を利用すれば、リアルタイムで記述したプログラミングの動きを確認することができます。

自分の記述したコードがどのような動きをするのか、視認しながら学ぶ事ができます。

これは初心者にとって嬉しい機能です。

また、「バグ」や「コードの記述ミス」も発見しやすいです。

そのため、

プログラミング学習者プログラミング学習者

いったいどこで間違えているのかがわからないなぁ・・・

といった問題も解決しやすいです。

デバッグを自動でしてくれる

「Xcode」には、自動テストツール機能が存在しています。

これを利用すれば、アプリの動作確認を自動化することができます。

基本的にプログラミングでは、コードを少し書き換えただけでも多くのパターンの動作を確認しなければなりません。

また、書き換えるたびに同じ動作を確認していくことになります。

こういった作業をデバックと言います。

そのような場合に、デバックを自動でしてくれる「自動テストツール」は非常に役立つ機能なのです。

エンジニアエンジニア

「自動テストツール」で面倒な作業もほとんど省けるね!

Swiftの開発環境

先述にもあるように「Swift」での開発は「Xcode」を利用するのが一般的です。

ここからはこの「Xcode」が一体どのようなものなのか、詳しく解説していきます。

統合開発環境『Xcode』とは

「Xcode」は、「ソフトウェア」や「アプリケーション開発」の為にApple社が提供している統合開発環境です。

エンジニアエンジニア

統合開発環境というのは「プログラミングに必要な機能」や「ツール」をまとめたものだよ。

「Xcode」には「Swift」での開発に必要な機能やツールが揃っています。

そのため、基本的に「Xcode」以外のツールを用意せずに開発を行えます

使い方も「ダウンロード」して「インストール」するだけで利用することが可能です。

また、基本的には無料で利用することができるのも特徴です。

Apple ID」と「Mac PC」さえあれば、インストールしてすぐに開発を始めることができるようになります。

この気軽さも、Swiftでの開発ならではと言えるでしょう。

Swiftの開発に必要なもの

「Swift」の開発に必要な物は、「開発を行うPC」の他に3つあります。

・apple ID
・Xcode
・Developer ID

これらは、Swiftでのアプリ開発には必要不可欠なものです。

それぞれ詳しく解説していきます。

apple ID

「Xcode」など、Apple社が提供しているソフトウェアを利用するためには、「開発者登録されたApple ID」が必要です。

「普段使っているApple ID」とは別に、新たに「開発者として登録を行ったApple ID」を用意しましょう。

Xcode

先述でも述べているように「Xcode」は、Appleの提供している統合開発環境です。

通常、プログラミングを行う場合には

・コンパイラ
・リンカ
・デバッガ

などの様々なツールが必要となります。

これらのツールを一まとめにし、プログラマーが作業しやすい形にまとめたものを「統合開発環境」と呼びます。

「Xcode」は「Swift」を使ったアプリ開発で使われる統合開発環境です。

そして、「Swift」でのアプリ開発にはかかせないソフトウェアなのです。

Developer ID

Developer ID」は、「App Store」以外の場所でアプリを配信する場合に必要になります。

通常、「iPhone」や「Mac」では「App Store」以外の場所からアプリをダウンロードすることはできません。

ですので「自分の開発したアプリ」を「開発したPC以外の端末で動かしたい場合」はDeveloper IDが必要になります。

SwiftとObjective-Cの違い

「Swift」と「Objective-C」には数多くの違いがあります。

2つの言語には「20年ほどの歴史の差」がありますので、それだけ違うのも当然とも言えます。

・実行速度
・メンテナンス性
・コード量の差

など様々な違いがあげられますが、この中でも一番は「コード量の差」です。

SwiftとObject-Cの違いはコード量

「Swift」は「Objective-C」と比べて「コード量が少ない」と言った特徴があります。

それは「Swift」が「読みやすく」「書きやすい」プログラミング言語を目指して開発されたからです。

「Objective-C」では冗長な書き方をしなければならないコードがありした。

そのコードが「Swift」ではシンプルに、スマートに記述することが可能です。

結果、「読まなくてはならないコードの量が減る」ため、Objective-Cに比べてSwiftは読みやすいのです。

エンジニアエンジニア

「コード量が少ない」ということは「メンテナンスも非常にやりやすい」ということだね!

Swiftの学習におすすめの本とwebサイト

「Swift」の学習におすすめなのは、Webサイトを利用することです。

今では多くの学習サイトが作られていたり、書籍が発売されています。

ここからはその中で特におすすめのものをご紹介していきます。

『初心者のSwift学習におすすめの本は絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門第七版』

著: 高橋 京介

出版社 SBクリエイティブ

SBクリエイティブの書籍紹介ページ

初心者のSwift学習におすすめの本は絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門』は名前の通り、iPhoneアプリ開発をしながら「Swift」を学べる1冊です。

初心者向けに、非常に丁寧なアプリ開発を解説しています。

本書で最初に作るアプリはほとんどコーディングせずに開発することもできます。

さらに、「Xcode」の利用方法もしっかりと学ぶことが出来ます。

「Swift」初心者だけではなく、プログラミングが初めての方でも分かり易い説明がされています。

「Swift」や「Xcode」の最新バージョンにあわせて最新版が発行されているところもおすすめできる理由の1つです。

総合的にSwiftにおすすめの本は『詳解 Swift 第四版』

著: 荻原 剛志

出版社 SBクリエイティブ

SBクリエイティブの書籍紹介ページ

「Swift」の詳細な言語仕様を知りたい人におすすめなのが『詳解 Swift 第四版』です。

他の書籍に記載されていない、詳しい情報が記載されています。

アプリ開発の際にリファレンスとして利用することが出来ます。

初心者向けの本では無く、「Swiftでの開発になれた方」向けの書籍となっています。

そのため、「他の書籍」や「Webサイト」でSwiftの基礎を学んだ後に目を通すことをおすすめします。

また、実際に開発を行う際に一冊手元に置いておくと、非常に役立つリファレンスになります。

Swiftの学習におすすめの学習サイトは『Schoo』

 

引用元:Schoo

Schoo」は、オンラインの動画学習サイトです。

「Swift」の動画については無料で視聴することも可能です。

また、生放送の授業を受講すると、その場で疑問点を質問することも出来ます。

この点は、書籍にはない非常に大きなメリットとも言えます。

有料の録画動画も月額980円で視聴することが可能な為、気軽に見ることが出来るのもおすすめの理由です。

まずは無料の動画を視聴して、自分にあっているかどうかを確認できる所もメリットの一つです。

Swiftでできること

「Swift」で主にできることは、

・Apple社製品向けアプリの開発
・Webアプリケーションの開発

が主要なものになります。

先述したように「Swift」はApple社が「自社のOS用アプリを開発しやすくするため」に開発した言語です。

そのため、Apple社製品向けアプリの開発に非常に特化していると言えます。

SwiftでできることはApple社製品向けアプリなどの開発

「Swift」が主に使われているのは、Apple社製品向けアプリの開発です。

その中でもスマホアプリ、つまりiOSアプリ開発によく使われています。

iOSアプリ

iPhoneを利用している方は必ず使う事になるiOSアプリ

・ニュースアプリ
・地図アプリ
・ゲームアプリ

などなど様々なアプリの開発に「Swift」が使用されています。

つまり、「Swift」を利用すれば普段利用している様々なアプリを開発することができるようになるのです。

Webアプリケーション開発

最新の「Swift 5」では、Webアプリケーション開発が出来るようになりました。

このことにより、「Swift」で開発出来る物の幅が大きく広がりました。

Webアプリの開発案件も、スマホアプリの開発と同じように数多く存在しています。

これから先、SwiftでのWebアプリ開発の仕事も増えてくるだろう事が予想されます。

Swiftを使った仕事や求人情報

「Swift」を使った仕事や求人情報は、非常に多く存在しています。

最近ではWebアプリケーション開発の仕事も増えてきています。

そんな「Swift」の将来性や求人数について、詳しく解説していきましょう。

Swiftの将来性

「Swift」の将来性は、充分にあると言って過言ではありません。

なぜならば、「Swift」はiPhoneアプリを開発するためには欠かせない言語であるからです。

数年前よりiPhoneのシェア率は下がりましたが、それでも日本のスマホユーザーの約4割はiPhoneを使用しています。

そのため、「iPhone向けアプリ」はまだまだ需要があると言えます。

また、先述したように最新のアップデートで「Swift」はWebアプリ開発も可能となりました。

これはつまり、Apple製OS以外の場でも開発が出来るようになったということです。

したがってこれからWebアプリ開発の場でもさらにシェアを広げて行くことが考えられます。

「Swift」の需要はこれからも広がっていくことでしょう。

プログラミング言語Swiftの求人数

「Swift」の求人数は、2018年3353件程となっています。

年収中央値550万円と、まだまだ人気がある様子をうかがうことができます。

参照サイト

具体的にSwiftはどんな求人があるの

それでは、具体的にSwiftにはどのような求人があるのかを具体例をご紹介していきます。

iOS(Swift)エンジニア

東急ハンズの「お客様向けiOSアプリ」や「iPadを利用したPOSシステム」などの開発を行う案件です。

最近は「iPadを利用したPOSシステム」は様々な場所で利用されています。

実際に使われているところを見たことのある方も多いのではないでしょうか。

普段使っているようなアプリの他にも、このように仕事上で使うアプリケーションの開発案件が多く存在しています。

実際の求人内容はこちら

indeed

クライアント開発エンジニア(iOS/Android)

LINE関連サービスのクライアント開発業務です。

スマホを利用されている方は、LINEを利用したことのある方も多いのではないでしょうか。

そんなLINE関連サービスに関する開発案件も、「Swift」ならではの案件と言えます。

実際の求人内容はこちら

indeed

モダンなプログラミング言語として有名な「Swift」。

「読みやすさ」と「書きやすさ」を重視したこの言語は、初心者の方にもおすすめできるプログラミング言語です。

求人数も多く、将来性も充分にあるため、プログラミング経験者で転職を考えている方にもおすすめすることができます。

プログラミングに触れたことのない方は、是非これを機に「Swift」に触れてみて下さい。

プログラミングを始めようか迷っていませんか?
プログラミングを始めてみようと思っても学習で挫折しないか
職業として生計を立てていけるか不安ですよね。

プログラミングジャパンでは全くの初心者でも最速で安定した収入を得るプログラマーになる為に必要なステップをLINE@で配信しています。