パズルゲームでプログラミングで思考をみにつけよう!おすすめの学習サイト

プログラミングができるおすすめのパズルゲーム3選

パズルゲームをしながらプログラミング思考を鍛えたい方におすすめなのが以下の3つです

  • デジタルパペット
  • ROBOTA
  • トライビット ロジック

どのゲームもスマホで遊べるアプリです。

なので、ちょっとした時間に楽しくプログラミング力を磨くことができます。

まずは無料で気軽に試したいという方はデジタルパペットを選べば間違いありません。

デジタルパペット

デジタルパペット

ゴールから逆算する論理思考を身に着けるならデジタルパペットがおすすめです。

パズルゲームでプログラミング学習=論理思考を身に着けるならデジタルパペットがおすすめ

デジタルパペットはios・Androidに対応したスマホアプリです。

完全に無料で遊ぶことができます。

無料ゲームは通常広告が入りますが、こちらはかなり気にならない部類で好感が持てます。

このパズルではプレイヤーである白パペットの動く道筋をコマンドで入力し、全ての赤パペットを倒します。

最大の特徴は、JOB(ジョブ)と呼ばれるコマンドをひとまとめにする機能です。

この機能を使いこなし、最小のコマンドでクリアすることが目標です。

無料ながら、40種類のコースがありたくさん遊べます。

先へ進んでいくと、「再帰呼び出し」など複雑なアルゴリズムを考えるコースもあります。

とてもプログラミング思考を鍛えられるゲームです。

遊びながらプログラミング思考を鍛えたい方にはうってつけのゲームです。

ROBOTA

ROBOTA

自分でステージを作ってみたいならROBOTAがおすすめです

パズルゲームでプログラミング学習=ステージから自作したいならがおすすめ

ROBOTAはios・Androidに対応したスマホアプリです。

こちらは有料となっています。

ロボットをコマンドによって操作し、ステージ上のバッテリーを集めるゲームです。

ソースコードが見えるのでプログラマー気分が味わえるのもポイントです。

こちらのゲームの最大の特徴は、自分でステージを作って公開できることです。

もちろん他人がつくったステージをプレイすることも可能です。

自分でステージを作ってみたい方にはおすすめのゲームとなります。

トライビット ロジック

トライビット ロジック

論理演算を学びたいならトライビットロックがおすすめです。

パズルゲームでプログラミング学習=論理演算を学びたいならトライビットロックがおすすめ

トライビット ロジックはios・Androidに対応したスマホアプリです。

無料ですが、アプリ内課金があるので注意してください。

こちらはプログラミングの論理演算に焦点を当てたユニークなパズルゲームです。

論理演算は、0と1のビットで成り立つコンピュータの基本的な計算です。

このパズルではAND、OR、NOT、XORという4種類の論理演算子を使います。

全てのビットを1か0に揃えて、敵である「バグ」を倒します。

プログラミングを勉強しようと思って、論理演算でつまずいてしまった経験のある方にはおすすめです。

一番おすすめはデジタルパペット

どれも楽しく頭を使える良いアプリですが、一番のおすすめは最初に紹介したデジタルパペットです。

無料なのにクオリティが高いことが決め手です。

この後詳しく説明しますが、プログラミングに似た頭の使い方をする問題が多く、教育上非常によくできたゲームです。

デジタルパペットは楽しく遊べて、プログラミング思考を鍛えられる一石二鳥なパズルゲームなのです。

デジタルパペットの特徴や学べることを紹介します

デジタルパペットはJOBと呼ばれる機能を使いこなし、最小コマンドでパズルを完成させるのが醍醐味のゲームです。

プログラミングとの共通点が多いこのパズルでは、プログラマーに不可欠なアルゴリズムを考える力を鍛えることができます。

しかもスマホアプリなので場所を選ばず、簡単操作で気軽にプレイすることができます。

デジタルパペットの特徴

デジタルパペットの最大の特徴はJOB(ジョブ)と呼ばれる機能にあります。

デジタルパペットの特徴=JOB

JOBはコマンドをまとめる機能です。

プログラミングではいかに同じコードを書かないかはとても重要です。

同じコードを書かないことで全体のコード数が減り、すっきりします。

特に組織で開発するときにとても重要なスキルです。

なのでJOBを使ってコマンドをまとめる作業は、とても良いプログラミング学習といえます。

デジタルパペットの基本操作

デジタルパペットは5つのコマンドを選ぶだけで操作できます。

デジタルパぺット操作=5つのコマンドだけで簡単に操作できる

デジタルパペットの基本操作から見ていきましょう。

このパズルのゴールは敵である全ての赤パペットを倒すことです。

プレイヤーは白パペットです。

全ての赤パペットを倒せるように、白パペットの動く道筋をコマンドで入力します。

コマンドは次の5つです。

  • 左を向く
  • 前進する
  • 右を向く
  • ジャンプする
  • 赤パペットを攻撃する

4つのコマンドを組み合わせて、敵を倒すまでの手順を構築します。

最小コマンドでパズルを完成させる

デジタルパペットは星の数で最小コマンドでクリアできているかわかります。

デジタルパペットの特徴=星の数で最小コマンドかどうかわかる

デジタルパペットは、クリアすると、星で評価がつきます。

星の数に注目してください。

星の数が2つで、満点ではありません。

デジタルパペットは最小のコマンド数でクリアすると星が3つもらえます。

この例の場合も、もっと少ないコマンドでクリアできたということです。

星を参考に自分が最小コマンドでクリアできているか確かめることができます。

デジタルパペットでどのように学べるのか

デジタルパペットはスマホさえあれば、どこでも遊びながら学習できます

デジタルパペットの学習の仕方=どこでも遊び感覚で学習できる。

普通、プログラミングを学ぶにはパソコンが必要なので、場所や時間の制約に縛られてしまいがちです。

しかし、デジタルパペットはスマホアプリなので、電車での移動中などで簡単にプレイすることができます

コースも40種類と豊富にあり、十分遊べます。

コースを全てクリアする頃には、プログラミング思考はかなり身についているはずです。

デジタルパペットでどのようにプログラミング思考がみにつくのか

JOBを使いプログラムを再利用することがプログラミング思考につながります。

デジタルパペットでプログラミング思考を身に着ける=コードをまとめ、繰り返し利用する

デジタルパペットにはJOB(ジョブ)という同じコマンドをまとめる機能がありました。

このプログラムをまとめることは、プログラミングにとても役立ちます。

JOBはプログラミングの「関数」や「プロシージャ」と呼ばれるものに相当します。

同じ命令をまとめ、再利用し、また繰り返すことができるからこそ、プログラムは便利なのです。

レベルアップした問題では「JOBの中でJOBを呼び出す」など頭を使う問題があります。

これはプログラミングでは「再帰呼び出し」と呼ばれ、凄腕プログラマーがよく利用します。

デジタルパペットでは高度なアルゴリズムも身につけることができるのです。

プログラミングとパズルの共通点

プログラマーに本当に大事なのは、実はプログラミング言語の知識ではなく、アルゴリズムを考える力です。

プログラマーが持つべきスキル=アルゴリズムを考える力

プログラミング言語は処理の手順、つまりアルゴリズムを書く文法と言えます。

アルゴリズムさえ身につければ、それはどんな言語でも書けるからです。

デジタルパペットのようなパズルゲームはプログラミング言語は書きません。

しかし、目的を達成するためのコマンドを考えることは、まさにアルゴリズムを考えることです。

この点でプログラミングとパズルは同じなのです。

さらに、良いプログラムは良いアルゴリズムで書かれています。

良いアルゴリズムには無駄がありません。

「最小のコマンド数でパズルを完成させる」というパズルゲームは、無駄のないソースコードを書くことに通じています。

プログラミングジャパンのLine公式アカウントにご招待

プログラミングジャパンのLine公式アカウント