プログラミング初心者が学習で挫折する理由と回避方法を紹介

本記事では

プログラミング初心者が学習で挫折する理由
プログラミング初心者が挫折を回避する方法
プログラミング初心者におすすめの学習方法

などを解説していきます。

プログラミングを勉強しようとして挫折してしまった経験はありませんか?

プログラミング学習者プログラミング学習者

プログラミング学習にチャレンジしてみたけど
いきなり難しい用語だらけでわけわからないし
プログラムもうまく動かないしエラーばかりで挫折してやめちゃったよ

などといってプログラミングの勉強を「途中で挫折してしまう」方が非常に多いです。

プログラミング初心者の約9割の方が挫折してしまうというデータもあるくらいです。

しかし、プログラミングはちゃんと段階を踏んで勉強すれば誰でも習得できます。

挫折してしまう方は、間違ったプログラミングの勉強方法をしてしまっているのです。

そこでここでは、プログラミング学習で挫折してしまう理由挫折しないための対策についてご紹介していきます。

プログラミング学習で挫折率が9割と高い理由【なぜ?】

先述したようにプログラミングを勉強した初心者の約9割が挫折した経験があるといわれています。

「9割」というと、ほとんどの方が挫折したことになりますよね。

プログラミングの学習は、なぜそれほど難しいのでしょうか。

そこで「プログラミング学習で挫折しやすい原因」を詳しく解説していきます。

プログラミング入門者が学習に挫折してしまう3つの理由

プログラミングの挫折率が高い理由は主に3つあります。

その理由は

1,初心者に適したプログラミング言語を選んでいない
2,専門用語が多く理解するのが大変
3,質問できる人がいない環境で勉強してしまう

といった理由です。

それぞれの理由を詳しく解説します。

理由1:初心者に適したプログラミング言語を選んでいない

プログラミング学習で挫折してしまう一番大きな原因は、プログラミング言語の選び方です。

難易度どのような制作物に使用される言語かを理解していないまま、最初の言語選んでしまうことがあります。

そうなると

・いきなり難しい勉強から始めなければならない
・勉強や制作に対するモチベーションが長続きしない

といった問題にぶつかることになります。

制作物のイメージがわかない言語を選んでしまう

制作物(プログラミングで作るもの)のイメージがわかないというのも挫折の大きな要因です。

なぜかというと制作物のイメージがないと勉強が苦痛になるからです。

例えばホームページスマホアプリなど「イメージがわきやすい制作物」なら興味を持ちやすいです。

ですが「計算」や「文字列を表示」したりするだけだとどうでしょうか。

どのような場面で使えるのか」のイメージがわきづらく、面白味がありません。

制作物のイメージが分からないと、関心が持てなくて勉強が苦しくなるのです。

したがって「初心者が勉強するプログラミング言語」は、

・制作物のイメージがわきやすい
・興味が持てる言語

といったポイントを抑えることが大事です。

環境構築が難しい言語を選んでしまう

プログラミング言語によっては「環境構築」が難しい言語があります。

「環境構築」とは、プログラムを作ったり動かしたりするために必要なアプリのインストール設定のことです。

例えば「サーバー上で動作するプログラミング言語」は、パソコン上に仮想のサーバーを作る必要があります。

したがって複雑な設定などを行わなくてはいけません。

この環境設定が意外とくせ者で、バージョンの違い設定ミスなどで上手くいかないことが多いのです。

プログラミングを作るための環境構築ができないと、プログラムの勉強を始める前につまずくことになります。

そのためにも、「環境構築が簡単なプログラミング言語」を選ぶことも大事です。

理由2:専門用語が多く理解するのが大変

プログラミング学習では専門用語が多く登場するため、理解が追いつがずに挫折につながりやすいです。

勉強をはじめると「プログラミング用語」だけでなく

・コンピューター
・ネットワーク

などに関連した技術用語がドンドン出てきます。

それに加え、プログラミング用語だけでもかなり沢山あります。

そういったところもあり、はじめは勉強するのが大変かもしれません。

しかし「分からない専門用語を放置」すると、当然何を言っているのか連鎖的に分からないことが増えていきます。

結果的に勉強が苦しくなってしまうのです。

そのためプログラミング学習では、いかに専門用語を理解するかがポイントになります。

ただ最初は出てきた用語を自分なりに解釈したイメージでも構いません。

用語は使っているうちに慣れてきて、徐々に正確な意味も理解できるようになってきます。

理解できない用語があっても、すぐに知人講師などに聞いて自分なりのイメージを持って勉強を進めることが大切です。

理由3:質問できる人がいない環境で勉強してしまう

プログラミングの勉強は疑問などを質問できる人がいないと挫折につながりやすいです。

特に独学の場合は、分からないことがあると一人で問題を抱え込んでしまいがちです。

「分からない状態」のままいると、嫌になって挫折することが多いです。

そんな時、職場の先輩スクールの講師などに相談できると不明点がすぐ解決できます。

結果的に勉強をスムーズに進められるのです。

そのためプログラミング初級者が勉強をはじめる場合は、独学だけで勉強しないことが大事です。

プログラミング学習で挫折する人の特徴

プログラミングで挫折してしまう人の特徴は3つあります。

その特徴は

1,プログラミング(論理的思考)を楽しいと感じない
2,プログラミングで作りたいものがない
3,プログラミングをする目的がなくやる気がない

ことです。

ここからはそれぞれの特徴について解説します。

プログラミング(論理的思考)を楽しいと感じない

プログラミングの勉強が挫折しやすい人は「論理的思考」が苦手な傾向があります。

「論理的思考」とは、物事を順序立てて考えることです。

これは「パズル」や「なぞなぞ」を解く時に。

プログラミングは

・プログラムを順序立てて整理する
・コンピューターが理解しやすいプログラムを書く

といったポイントが大切です。

それらには「論理的思考」が必要になってきます。

そのため「パズルを解くのが好きな方」は、プログラミングの勉強も楽しみやすく、得意になる可能性があります。

逆に「パズルを解くのが苦手、好きでない」という方はプログラミングに向いていない可能性があります。

そういった点を考慮して自分が「プログラミングに向いている」か。

もしくは「プログラミングが好きになれそう」か今一度考えてみることも大切です。

プログラミングで作りたいものがない

プログラミングで作りたいものがないのも挫折しやすい原因です。

先述したように「実際に使うイメージ」がなければ勉強を続けるのが苦痛になってくるためです。

エンジニアエンジニア

こんなスマホのアプリを作ってみたいな・・・
あんなホームページを作ってみたいな・・・

と言った具体的な作りたい制作物がないと、勉強を続ける意欲も出てこなくなります。

日頃スマホやPCを使っていて「こんなアプリや機能があったらいいな…」など思ったことはないでしょうか。

プログラミングを覚えれば、あなたが欲しいアプリや機能を好きに作れるようになります。

プログラミングをする目的がなくやる気がない

プログラミングをする目的やる気がない方は、途中で挫折しやすいです。

目的とは先述したような「~のアプリを作ってみたい」といったの理由のことです。

目的を持たずに勉強をすると「なんとなくやっている感じ」になってしまいます。

そんな状態で「難しい問題」などに直面してしまうと「達成すべき目的がない」ために挫折しやすくなるのです。

もし目的が見つからないようなら、プログラミングの勉強を始めるのをちょっと待ったほうがいいかもしれません。

また「稼げそうだから勉強してみる」といった目的はプログラミングをする目的とは違います。

この目的は「稼ぐこと」が目的です。

このような場合は、勉強が長続きしないことが多いので注意が必要です。

プログラミングを独学で学習すると挫折する理由

先述でも触れたようにプログラミングを独学で学習すると挫折しやすいです。

その理由は

・幅広い専門的な知識が必要になるため
・書籍などでは分からないことが多いため

といった点があげられます。

ここからはそれぞれの挫折しやすい理由を解説します。

幅広い専門的な知識が必要になるため

プログラミングは、「プログラムの仕組み」や「作り方」だけでなく

・プログラミング言語
・コンピュータ
・ネットワーク

など幅広い専門的な知識が必要になります。

初めて勉強をする方は、「専門用語の多さ」にビックリすることも多いかもしれません。

特に独学は、専門用語で頭がパンクしてしまう方も少なくありません。

そんなときにスクールの講師から「概要」や「今は知らなくてもよいこと」などを教えてもらうとやるべきことが明確になります。

プログラミングの勉強は専門用語は沢山出てきますが、全てをすぐに覚える必要はありません。

必要なことだけ分かれば良いのです。

独学で勉強している混乱してしまい、挫折しやすくなるため注意が必要です。

書籍などでは分からないことが多いため

書籍などでプログラミングの勉強をすると、書籍に載っていないことが多いことに気づきます。

この「載っていないこと」が初心者を戸惑わせてしまう原因になることが多いです。

例えば

プログラミング学習者プログラミング学習者

書籍通りにプログラムのコードを入力・実行のになぜかエラーになってしまうよ・・

といったケースです。

これは

・単純なタイプミス(入力ミス)によるエラー
・間違えた箇所によって表示されるエラー
・プログラムの入力がすべて正常でも、環境設定ミスなどが原因になるエラー

などなど様々なエラーの要因があげられます。

ほとんどの書籍では、「全パターンのエラーを修正する」ことについて細かく説明がされていません

プログラミング学習者プログラミング学習者

結局本の通りやっても上手くいかないし、対処法が分からないからどうして良いのか分からないよ

と本で学ぶとこのように悩むことになるのも少なくないです。

このようなときに相談できるスクールの講師知人がいると大きな助けになります。

プログラミング初心者の方は「独学」だけで勉強しないことが挫折しないポイントです。

プログラミング学習で挫折しないためには

本記事で常々述べているように、プログラミングで挫折しないためにはスクールに通うことです。

そして、初心者が挫折しにくい言語を選ましょう。

ここからは「プログラミングスクールに通うこと」についてや「初心者にオススメの言語」などを解説します。

プログラミングスクールに通う

プログラミングを挫折しないためには、スクール学校)に通うのがおすすめです。

スクールでは「プログラムの勉強で挫折しそうなポイント」を丁寧にフォローしてくれるので、途中で挫折することがありません。

エンジニアエンジニア

もう一人だと分からなくてお手上げ!という最も挫折しやすいパターンを回避できるね

初心者でも理解しやすいテキスト教材)を使い、疑問点も講師に質問してすぐ解決することができます。

したがって効率的に勉強が進められるというメリットがあります。

忙しい方でも

・無駄な勉強時間がない
・シッカリ身に付く勉強ができる

という点は嬉しいですよね。

また、オンラインスクールなら家にいながら授業を受けられるので大変便利です。

初心者が挫折しにくい言語を選ぶ

プログラミングを初めて勉強するなら、初心者が挫折しにくいプログラミング言語を選ぶことが重要です。

・難し過ぎない難易度
・作っていて面白さを感じる言語

といったポイントを抑えた言語がいいですね。

特に「面白く感じる」のは大事です。

楽しみながら勉強すると短い期間で高い技術を習得できます。

言語はswiftやkotlinを選ぶ

プログラミング言語は「Swiftスイフト)」か「Kotlinコトリン)」がおすすめです。

「Swift」「Kotlin」はどちらともスマホのアプリが作れるプログラミング言語です。

「Swift」はApple iPhone用のアプリ開発に。

「Kotlin」はAndroid用のアプリ開発に使われます。

「スマホのアプリを作るなんて難しそう」と思うかもしれませんね。

ですが、スマホアプリは意外と簡単に作ることができます。

ソフトの枠組み(仕組み)は出来ているので、イチから作る必要はありません

作りたい部分だけをカスタマイズ・修正していくだけで作れるのです。

他の言語ではアプリを作るのに

・高度な知識が必要
・ゼロから作り込まない

といっことも多く、初心者向けではありません

またSwiftやKotlinは、開発ソフトがプログラミングをサポートしてくれるので、初心者でも作りやすくなっています。

実際にどんなアプリを作りたいのかイメージがわきやすく、楽しく作れるのもスマホアプリの特徴です。

スマホアプリ開発専門のスクール「プログラミングジャパン」がよい

スマホアプリを作りながらプログラミングを勉強したいなら「プログラミングジャパン」のオンライン・スクールがおすすめです。

「プログラミングジャパン」はスマホアプリに特化したプログラミングをマンツーマンで教えてくれるスマホ専門のスクールです。

マンツーマンで自分だけの計画を作って教えてくれるので、途中で挫折することがありません

スマホアプリの開発が全くの初心者でも、最短2ヶ月で立派なスマホ アプリが作れるレベルまでなれるので効率的に勉強できます。

「レッスン時間」は朝8時~深夜0時まで対応しています。

そのため主婦学生の方、社会人の方でも朝や夜のスキマ時間を使いながら勉強ができます。

実際に「営業職の文系サラリーマン」が、平日の夜や土日にレッスンを受けてIT企業に転職した方もいます。

プログラミング学習者プログラミング学習者

プログラミングを初めてみたいけど何から手を付けたらいいのか分からないな・・

そいういった方は「プログラミングジャパン」で勉強してみませんか?

今ならアプリ開発のレッスンが無料体験できますので、ぜひお試ししてみてください。