【プログラミングが難しく感じる理由】嫌いにならない方法を紹介します!

本記事では

プログラミングが難しいと感じる原因
プログラミング学習に苦戦する理由
挫折せずにプロのプログラマーになる方法

などを紹介していきます。

プログラミング学習者プログラミング学習者

プログラミングを一度やってみたいけど
なんだか勉強とか難しそうだし、自分には難しそうだな・・・

という風におもったことはありませんか?

実は「プログラミング」は難しそうに見えますが、分かってしまえばそれほど難しくはありません

英語や日本語を話せる様になるのとは違い、「プログラミングのやり方」を知ってしまえば誰でも出来るものなのです。

そこでここでは、「プログラミングが難しく感じる理由」と、「プログラミングが出来るようになるための方法」についてご紹介していきます。

プログラミングが難しく感じる理由5つ


そもそも「プログラミングが難しく感じる理由」は大きくわけて5つあります。

その1:1から10まで正確にしなければいけない苦手意識
その2:不明なエラーが解決できない
その3:専門用語が多い
その4:環境構築につまずく
その5:そもそも向いていない

以下にそれぞれの理由の詳細とその対処法について詳しく解説していきます。

理由その1:1から10まで正確にしなければいけない苦手意識

プログラミングは、1から10まで何もかも正確に書く必要があります

機械(パソコン)は、プログラムに書かれた命令を正確に1つ1つ処理していきます。

したがって1つでも間違いがないように正確に書かないといけないのです。

この「すべて正確に書く」というところで、プログラミングに苦手意識を持ってしまう方も多いようです。

ですがプログラムは何も見ず記憶を頼りにして書く必要はなく、資料などを見ながら正確に書ければ問題ありません。

プログラムを書いている最中に書き間違いがあれば、すぐに指摘し修正を促してくれるソフトもあります。

ですので正確に書くことについては、それほど心配する必要はないのです。

ソフトを上手く活用することで「正確に書かないといけない」ストレスは解消できます。

理由その2:不明なエラーが解決できない

プログラミング学習者プログラミング学習者

プログラミングを始めようとしたら、なんだか良く分からないエラーがたくさん出てお手上げだったよ・・・

などという方もいるかもしれません。

エラーのメッセージは大抵は英語、かつ専門用語なので、かなり分かりづらいです。

エラーの原因も「文法の記述ミス」から「開発環境の設定ミス」まで広範囲で、複雑な要因がからみあって分かりづらいものになることが多いです。

エラーを直しているはずなのに、かえってエラーが多くなってしまうことも…。

そんなときは、間違っているところを手当り次第直すのではなく、エラーの箇所を1つずつ丁寧に見直していくことが大事です。

何のエラーか意味を自分で確認していくことで、プログラムの理解が深まり技術も高くなっていきます。

エラーと上手く付き合うことは、プログラマーに必須のスキルなんですね。

どうしても分からないときは、エラーの状況を整理した上でプログラム経験者に相談してみてください。

理由その3:専門用語が多い

プログラミングは使われる専門用語が多いことも、難しく感じる原因の1つです。

プログラミングに関する専門用語だけでなく、

・プログラミング言語に関する用語
・パソコン・ネットなどの技術の専門用語

などあげればキリがありません。

プログラミング初心者は、いきなり沢山の専門用語が出てきて混乱するのは当たり前です。

そんなときはいきなり難しいことをやるのではなく、簡単なステップを1つずつ勉強することが重要です。

特に勉強を始めた時期は、分からないことが多くて挫折しやすいです。

もし挫折しそうと思うなら、プログラミングを教えてくれるスクールなどで勉強するのがオススメです。

スクールならプログラミングに関係することをまとめて教えてもらえるので、つまずくことなく効率的に学習ができます。

理由その4:環境構築につまずく

プログラミングが難しく感じる理由で、意外と多いのが開発環境の作成につまずくケースです。

・パソコンに開発環境のソフトをインストールする
・インストールしたソフトの設定をしたりする

などといったポイントで失敗して、プログラムをやめてしまう方も割といます。

環境構築で失敗する原因で多いのは、ソフトのバージョンが合わなかったり、最新ソフトで操作手設定が変更になっている場合です。

海外のソフトも多いので、英語で書かれていたりすると、さらに分からなくてお手上げですよね。

こんなときは、まず使っているOSのバージョン」「ソフトのバージョン」をしっかり確認すること。

バージョンを合わせるだけですんなり動くことも多いです。

本に載っている手順は古いこともあるので、出版社のサイトで正誤表などもチェックしてみてください。

理由その5:そもそも向いていない

プログラムを勉強しようとして何度も失敗したら、そもそも自分はプログラマーに向いてないのでは?と思ってしまうかもしれません。

ですが、一部の高度なプログラムを除けば、プログラムは誰でもできます。

難しい数学の知識や英語なども知らなくても大丈夫です。

ただ、プログラムの取り組み方、やり方が分からないだけなのです。

そんなときは、プログラム・スクールで初級クラスから初めてみてください。

先生から1つ1つ教えてもらうことで、難しいと思っていたことがすんなり理解できることも多いのです。

向いてないと思うより、初歩的な内容をちょっとずつクリアしていくことが大事です。

プログラミングが全くわからない理由



プログラミングを勉強しても全く分からない
と感じる場合は、勉強のやり方や取り組み方に問題がある可能性があります。

プログラミングの勉強は、やり方によっては初心者に向かないことも多いのです。

そこでプログラムが全く分からない理由についてご紹介していきます。

学習方法や言語がレベルに合っていない

プログラムの勉強で最もつまずきやすい原因は、学習方法やプログラミング言語が自分のレベルに合っていないことです。

特にプログラム未経験者の場合は、プログラミング言語の勉強だけでなく

・プログラムの仕組み
・プログラムの作り方

なども勉強する必要があります。

プログラミング言語は難易度が低いものを選び、プログラムの仕組みや作り方についても一緒に勉強できる教材を使うことが大事です。

プログラミング言語は、オブジェクト指向言語JavaC++など)よりシンプルにプログラムが書けるスクリプト言語JavaScript、Ruby、Pythonなど)が理解しやすいです。

オブジェクト指向は、初めてプログラミングをする方にはやや難しく感じる方が多いので、後で勉強しても良いでしょう。

プログラミングの用語が理解できない

次にプログラミング学習でつまずきやすい原因は、プログラムに関する用語が分かりにくいことです。

プログラミング学習者プログラミング学習者

関数?変数?オブジェクト?デバッグ?
専門用語だらけでわけわからない・・・

このようにいきなりプログラミング用語がたくさん出てくるととイヤになってしまいますよね。

これはプログラミングをしたことがなければ、誰でもぶつかる壁です。

英語や数学などが詳しくても、これらの用語はプログラムの世界のみで使われることが多く、事前に知っていてもあまり役に立ちません。

プログラミングの用語は、最初は分からなくて当然なのです。

ですので、初めてプログラミングの勉強をする場合はプログラムの用語も丁寧に解説している本やスクール・講座を選ぶことが大事です。

開発環境の使い方・操作方法が分からない

プログラムを作るときに必要な「開発環境の使い方・操作方法」を知らないために、プログラム作りを難しくさせていることがあります。

中でも「統合開発環境IDE)」は、プログラミングにかなり役立つソフトで、初心者はしっかり使い方をマスターしておきたいです。

IDEを使えば

・特定の場所でプログラムを止めて変数の値をチェックできる
・1行ずつプログラムを動かしてどのような処理を行っているのか目で追うことができる。

といった初心者に嬉しい利点があります。

書籍などでは開発環境については一部のページにしか書かれていないことが多いです。

しかし、開発環境についてはしっかり勉強しておくと良いですね。

プログラミングは難しくない!嫌いにならずにプログラマーになる方法


プログラミングを嫌いにならずに習得するコツは3つあります。

1・勉強がしやすい言語から学習する
2・優しく教えてもらえる環境を整える(独学をしない)
3・楽しんで勉強する

ここでは、それぞれのプログラミングが分かりづらい理由から継続して勉強するコツについてご紹介します。

勉強がしやすい言語から学習する

はじめてプログラミングをする方は、勉強がしやすい言語で学習することが大事です。

勉強がしやすい言語とは、文法がシンプルで直感的にプログラミングをしやすい言語です。

例えば、『JavaScript』『Ruby』『Python』などです。

これらの言語は、プログラミング初級者向けの書籍も発売されているので、取り組みやすいです。

優しく教えてもらえる環境を整える(独学をしない)

プログラミングの勉強は一人で勉強せず、誰かに教えてもらうと挫折しづらいです。

プログラミングの知識がない方が、イチから勉強するにはかなり厳しいのです。

プログラミングをするのにも環境設定など、プログラミングだけでなくパソコンなど技術的な知識も必要になるからです。

そんなときに、優しく教えてもらえるスクール教室などがあれば、プログラムの勉強がスムーズに行なえます。

実際にプログラミングをする様子を見たり、考え方を教えてもらうことで、独学だけでは分からなかった知識や経験を得ることができます。

楽しんで勉強する

プログラミングは楽しんで勉強することが大切です。

どんな勉強も面白くなければやる気も起きませんよね。

プログラミングをはじめるならどんなプログラムを作りたいのか、自分が楽しいと思えることを想像してみます。

例えばホームページを作ったり、ゲームを作ったりするのが目的なら、今勉強していることがどのように使えるかなどを考えてみるのです。

すると最初は面白みを感じなかったことでも、興味がわいてきます。

面白くなればさらに詳しく知りたいと思うようになり、プログラミングが上達するようになります。

プログラミングが難しいという人の声とその克服エピソード


プログラミングが難しいと思う方の声
を集めてみました。

ここでは実際に

プログラミングを勉強してみて感じたこと
どうやったらうまくいったか

などについてご紹介します。

プログラミングが難しいという人の声その1

暗記が苦手な方がプログラムに挑戦した体験談です。

子供の頃から暗記苦手だから何一つ頭に入らない。
ネットが普及して、ようやく仕事で使えるようになってきた。
未だに「配列の宣言ってどう書くんだっけ?」と言って調べてる。

→配列の宣言とかいちいち憶えてなくていい。
プログラムが出来るかどうかはそういう暗記能力じゃない。
細かい文法なんてネットで検索すればいくらでも出て来る.NETでVS環境だったら、「.」って打てばずらずら候補が出て来るw
しかもご丁寧に機能説明まで付いてる。

プログラミング学習のポイント

プログラミングでは暗記は必ずしも必要ではありません。

ネットや資料で調べて記述すればいいからです。

もちろん覚えていたほうが効率良いですが、中途半端な知識よりしっかり調べて間違いがないプログラムを書くほうが大事です。

プログラミングが難しいという人の声その2

次はプログラムの勉強を一度挫折した方の体験談です。

CやJavaが全然わからなくて一度挫折したけど、
PythonのREPL(リプル)でPythonを覚えた、
→Pythonを覚えてからJavaに戻ったら、Javaもわかるようになった。
PythonのREPLはほんとにありがたい。

REPL:プログラムを1行入力するとすぐに結果が出力されるソフト。すぐに結果が分かるので書いたプログラムを理解する手助けになる。

プログラミング学習のポイント

最初に勉強するプログラミング言語が難しかったり、合わなかったりする方も多いです。

そんなときは別の学習しやすい言語に変えてみると、すぐに理解できてしまうことがあります。

難しいと感じたら他の言語に挑戦してみるのも1つの手です。

引用元:https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/tech/1431759816/l50

プログラミングは難しいと思われがちですが、ちゃんと段階を踏んで勉強することで誰でも身に付けることができます。

もしプログラムに興味があるけど挫折しそう…という方は、独学よりもスクールやプログラミング教室で勉強してみてはいかがでしょうか。

プログラミングを始めようか迷っていませんか?
プログラミングを始めてみようと思っても学習で挫折しないか
職業として生計を立てていけるか不安ですよね。

プログラミングジャパンでは全くの初心者でも最速で安定した収入を得るプログラマーになる為に必要なステップをLINE@で配信しています。