【0からプログラミングの始め方】プログラミング超初心者の学習の始め方

プログラミング超初心者の為にプログラミング学習の始め方を紹介していきます。
プログラマー志望者プログラマー志望者

プログラミングを学びたいけど、何をすればいいの?
プログラミングを始めるには、まずなにが必要なの?

全くの初心者の方がプログラミングを始める時、何からすればいいのか全くわからないですよね。

ここでは、プログラミングを学び始める初心者の方に、「0からのプログラミングの始め方」を紹介します。

目次

プログラミングを始めるのに学ぶべきは「スマホアプリ」

働きながら学習するのに最適なプログラミングスクールはスマホアプリ専門スクール

プログラミングの始め方として、アプリの作成から始めましょう。

0から始めるなら=アプリ開発

その理由は、一昔前と比べてアプリを作成するためのハードルが下がってきているからです。

例えば、

・部品を組み立てていくだけでアプリが作れてしまうサービス

・スマホだけで勉強できるサイト

など様々な環境が出来てきているからです。

エンジニアエンジニア

「組み立てるだけで出来るサービス」なら初心者でも気軽にプログラミングに触れることが出来るからね。

プログラミングを始める時にアプリ開発を選ぶメリット

アプリ開発は作りたいものが想像しやすいのでモチベーションを保ちやすいです。

普段皆さんが使用しているスマホにも、いくつもアプリが入っていると思います。

それだけ目に触れる機会が多いので、

プログラマー志望者プログラマー志望者

・こういったアプリを作ってみたいな・・・
・こういったアプリがあったらいいな・・・

など想像がしやすいです。

エンジニアエンジニア

ただ「なんとなく始めてしまう」とモチベーションが保てないからね。

これを作ってみたいといった思いがあると初めての挑戦でもモチベーションを維持出来ます。

スマホアプリを作成するための言語は初心者にもやさしい

スマホアプリの開発に使用される

・Swift
・Kotlin

のプログラミング言語は初心者に優しいです。

スマホアプリ開発は

・開発環境のサポート機能が充実している
・言語自体が読みやすい
・人気が高まってきていて学習環境が充実している

という強みがあります。

スマホアプリを開発するための開発ソフトはコード補完機能が優れています。

書簡機能によってほとんどタイピングせずにプログラムコードを作ることができます。

エンジニアエンジニア

「Swift」と「Kotlin」は言語自体も読みやすさを意識して作られているんだよ

なので初心者でもコードの意味を理解しやすいです。

さらに現在スマホアプリ開発者は急激に増えています。

開発者が増えればネット上の情報も増えます。

情報が多いということは学習中に問題が起きたときに答えを得やすいです。

以上の理由から初心者は「スマホアプリの作成」から始めることを初心者にお勧めします。

プログラミングを始めるために「webサイトの作成」から入るのも良い

プログラミングを始める初心者はwebサイトを作ることから始めてもよいです。

0から始めるなら=webサイト作成から入るのもあり

webサイトとは、普段ネットで閲覧している

・ホームページ
・webニュース

などの集まりのことです。

エンジニアエンジニア

「webサイト」自体は初心者でも比較的簡単に作ることができるよ。

さらに、自分のサイトを作ろうと思ったときに、

・自分がどのようなwebサイトを作りたいのかイメージしやすい
・これまでプログラマーが作成してきたサンプルが多くある

というメリットがあります。

初心者はwebサイト作成から始めるのもおすすめです。

webサイトの作成に必要な言語はHTML、CSS

webサイトは

・HTML
・CSS

という比較的簡単な言語で作らているので初心者にもおすすめです。

普段みなさんが目にするwebページのほとんどはHTMLで出来ています。

HTMLは、「全体を構築する骨組み」のことをいい、「タグ」などを使用した文章で構成されています。

CSSは「構築されたHTMLを色などで付け飾り付け」ます。

エンジニアエンジニア

このように「HTML」と「CSS」は役割を分け、セットで使用されるんだ。

webサービスは

・HTMLで伝えたい内容を描く
・CSSで表現方法を描く

といった2つの行程で出来ています。

HTMLやCSSは専用の開発ソフトなどを使用しなくても、テキストエディタだけで簡単に書くことができます。

最初は難しいと思うこともあるかもしれません。

しかしHTMLやCSSは他の言語よりも容易に習得できます

まさに初心者向きの言語といえます。

webサイトの作成を初心者におすすめする理由

webサイトをおすすめする点は2つあります。

  • webサイトにつながる環境があれば誰でも使える
  • 分からないことがあっても検索すれば問題解決の糸口が見つけやすい

特に、初心者は分からないことが出てきたら,

プログラマー志望者プログラマー志望者

・何をどうしたらいいんだろう・・・
・何が間違っていて何が正しいんだろう・・

といった悩みにぶつかりがちです。

自分が躓いた問題は世の中の誰かが解決し、解決法を共有してくれていることが多くあります。

このように、迷った時や悩んだ時に気軽に調べることができるのもwebサービスを初心者におすすめする理由です。

エンジニアエンジニア

また、「作成したサイトを確認する楽しさ」もwebサイトをおすすめする理由になるね。

特にHTMLやCSSの勉強中は、少し書いては確認し思った通りにできたらちょっとした感動があります。

成果を目で観れるというのも学習する上ではモチベーションになります。

次はこんな風にしてみようといった意欲が次から次へと湧いてくれば、スキルはどんどん身についていきます。

プログラミングを始めるまでの学習ステップ


プログラミングを始めたいと思っても

・何をしたら良いのか
・何から始めれば良いのか

分からないのではないでしょうか。

ここでは、プログラミングの始め方をご紹介しましょう。

ステップ1:何をしたいのか目的意識をもつ

まずはゴールとなる目的を決めましょう。

ステップ1=目標設定すべし

プログラミングをすることは目的ではありません。

プログラミングで何がしたいかを決めましょう。

例えば、

プログラマー志望者プログラマー志望者

・みんなで楽しめるアプリを作ってみたいな・・・
・毎日することをもう少し楽にする事はできないかな・・・

など身近なことでも構いません。

誰もみたことがないすごいアプリなどは、いきなり作れません。

エンジニアエンジニア

普段の生活で「あれば良いな」と思うアプリの作成を目標にしてみよう。

【参考記事】初心者は電卓アプリのプログラミングから始めよう!電卓アプリの作り方はこちら

ステップ2:アプリを作成する言語を選ぶ

目標となるアプリが見つかったら「使用する言語」を決めましょう。

アプリを作ってみたい方ならオススメはswiftです。

ステップ2=言語(swift)を選ぶ

swiftは「iPhone」や「iPad」に向けたアプリ開発に使用する言語です。

swiftの特徴は以下です。

  • コードが書きやすい
  • コードが読みやすい
  • 初心者が始める上でも学習がしやすい

プログラミング言語は、数多く存在しますので悩むところです。

エンジニアエンジニア

まずは1つの言語で1からアプリを作成することができれば次の言語へのハードルはかなり下がるよ。

最初はswiftでプログラミングというものに触れてみましょう。

ステップ3:プログラミングを行う環境を整える

目的を決め、プログラミングを行う言語を決めたら次は環境を準備しましょう。

ステップ3=開発環境(macPCとXcode)を準備する

プログラミングを行う上で外せないのが、「パソコン」です。

先ほどオススメしたswiftでのプログラミングを行う為に外せないのが、macです。

パソコンをお持ちでない場合は、macを準備しましょう。

パソコン準備ができたら次に必要になるのはエディタです。

エンジニアエンジニア

エディタの中でも統合開発環境(IDE)と呼ばれる物を選ぼう!

統合開発環境でおすすめは、Xcodeです。

Xcodeは、Apple社が提供している統合開発環境で、iPhoneやmac向けのアプリを作成するのに最適です。

なぜ、統合開発環境(IDE)がおすすめなのかというと、

・プログラミングを行なっている時に次のコードの候補を表示してくれる補完機能
・アプリなどを作成する際に必要なファイルの管理をまとめて行なってくれる機能

などが含まれていて、初心者がプログラミングを始めるのを助けてくれる便利なツールだからです。

これで、プログラミングを開始する環境は準備できました。

次に考える事はどうやって学ぶのかという事です。

プログラミングジャパンでは初心者応援キャンペーンをやっています!

プログラミングスクールに通えば、何から始めれば良いのか全部教えてもらえます

初めてプログラミングの学習をする上でおすすめなのが、プログラミングスクールに通うことです。

0から始めるなら=スクールに通うのがおすすめ

スクールの教科書を見ればプログラミングに必要なソフトや機材、学習手順がすべてわかります

全く0から始めても迷うことなく学習のステップを踏めます。

さらに初心者がスクールに通うと以下のメリットがあります。

・卒業後までの学習計画をたてることができる

・講師が問題を解決してくれる

プログラミングスクールでは様々な学習プランがあります。

加えて学習が終わった生徒の就職支援も行ってくれます。

なので0から仕事にするまでの計画を立てることができます。

さらにプログラミングスクールではプロの講師のアドバイスを受けながら学習できます。

エンジニアエンジニア

わからない問題を講師に質問することで素早く解決することができるよ。

プログラミングスクールは初心者が挫折しない仕組みがそろっています。

いち早くプログラミングを身につけたいならプログラミングスクールをおすすめします。

【何から始めるのかわからない方へ】プログラミングを始めるステップ


プログラミングを学び、プログラミングを行う環境はできました。

ここでもう一度振り返ってみましょう。

あなたが、プログラミングを「始めたいと思ったきっかけ」は何ですか。

プログラマー志望者プログラマー志望者

・転職をしたいな・・
・アプリなどを自分で作ってみたいな・・

など人それぞれ色々な思いがあるでしょう。

プログラミングを学んでいく上で挫折しそうになる瞬間は時々訪れます。

動機は、自分を支え先に進んでいく力になります。

この機会に一度しっかりと考えてみましょう。

エンジニアエンジニア

あなたは「なぜ」プログラミングを行なってみたいと思ったのかな?

【目標・目的を決める】プログラミングを学んで何をしたいのか

自分がプログラミングをしたいと思った動機をしっかりと認識しましょう。

プログラミングを始めるステップ=プログラミングで何がしたいのかをはっきりさせる。

初心者が、プログラミングの学習を進めていく上で、動機は必須です。

・キャリアアップしたい
・普段使っているアプリよりもっと使いやすいアプリを作ってみたい

など漠然とした思いでも良いので考えてみましょう。

プログラミングを身につけて自分が何をしたいのか想像してみましょう。

きっとプログラミングへの思いが見つかるでしょう。

プログラミングを学ぶ目標が決まったら言語選び

プログラミング言語は、目的に合わせて選びましょう。

プログラミングを始めるステップ=目的に合わせて言語を選択する

各プログラミング言語は得意不得意があります。

エンジニアエンジニア

目的に合わない言語を選択するとかなり辛い道のりになるからね。

目的がはっきりしている場合は、目的達成のために必要な言語を選ぶことが大切です。

何をしたら良いかわからないなら、まず学びたい言語を決めるのもあり

プログラミング言語が得意な開発を知り、その開発に向けてプログラミングを学習していきましょう。
先に作成に使用するプログラミング言語を決めてしまいましょう。

・書店で、何気なく手に取ったプログラミング入門の本が勧めていた言語だから

・知り合いでプログラミングをしている人が使用している言語だから

などで決めても良いでしょう。

または、仕事上で需要がある言語を選びたいという考え方もあるでしょう。

プログラミング言語を学習しながら何がしたいのか考えましょう。

「何を作るか」で学ぶべきプログラミング言語は変わる

プログラミング言語には、それぞれ特徴を生かした得意分野があります。

ここでは、何を作るかからそれに適したプログラミング言語を紹介します。

初めてのプログラミング言語選びの参考にしてみてください。

スマホアプリを作りたいなら「swift」か「java」

とりあえずアプリを作ってみたいとお考えなら、選択するプログラミング言語はswiftjavaです。

スマホアプリを作成したい=プログラミング言語はswiftかjavaを学習しよう

・iPhoneやiPadで使用するアプリを作ってみたいなら「swift」
・Androidで使用するアプリを作ってみたいなら「java」

というポイントで選んでください。

アプリ作成の良いところは、作成しただけで終わらないところです。

スマホアプリ開発は比較的簡単に作成することができ、公開して使ってもらえます。

エンジニアエンジニア

自作のアプリを友人知人に使ってもらって得られる反響がモチベーションになるよ。

ホームページを作りたいならHTML CSS JavaScript

ホームページ(Webサイト)を作りたいなら、選択するプログラミング言語はHTMLCSSJavaScriptです。

ホームページを作成したい=プログラミング言語はHTML、CSS、JavaScriptを学習しよう

HTMLは「Webサイトの土台」を作ります。

CSSは「Webサイトのボタンや文字の色や大きさなどを整える」ために使用されます。

JavaScriptは「Webサイトに動きを付けたいとき」に使用されます。

Webサイトを構成するこの3つの言語を学べばホームページ作成は問題なくできます。

我々は日常的にWebサイトを見ています。

エンジニアエンジニア

ホームページを作るときは、他のサイトを見てHTML、CSS、JavaScriptの使い方を参考にできるよ。

以上のことからWebサイト作成のための言語は学習し実践しやすい言語といえます。

何かと話題のAIに関連したことなら「Python」

AIを使ってみたいなら、選択するプログラミング言語はPythonです。

AIを使いたい=Pythonを学習

AIなどの人工知能機械学習の分野では、Pythonが多く使用されており人気のある言語です。

また、Pythonには専門的なライブラリが多くあります。

エンジニアエンジニア

「ライブラリ」とは実践で使える機能のコードをひとまとめにしたものだよ。

AI等に関するライブラリも豊富にあります。

ライブラリを使用することでプログラミングを簡単に作成できます。

人工知能や機械学習が、注目を浴びているのでPythonも人気の言語です。

システム開発をしたいなら C言語、VB、COBOL

システム開発をしたいなら、選択する言語はC言語VBCOBOLになります。

システム開発がしたい=C言語やVB、COBOLを学習

C言語やVB、COBOLは主に業務システムで比較的多く使用されています。

業務システムとは

・在庫管理
・財務会計管理

など、業務で必要なデータを管理するシステムです。

どれも比較的古くからあるためネットの情報とサンプルが豊富です。

参考資料が多いので学習しやすいです。

「作りたいものがない」ならスマホアプリ作成から始めよう

特に作りたいものがないならスマホアプリ開発はプログラミング初心者におすすめです。

プログラミングで作りたいものが何もないなら=スマホアプリ開発をしよう

スマホアプリ作成のメリットは次のとおりです。

・完成をイメージしやすい

・アイディアを得やすい

・人に使ってもらいやすい

・調べやすい

・言語自体が比較的簡単

アプリは、普段から触れる機会が多くあります。

なので作成の際に完成をイメージしやすいです

世の中にある他のアプリからアイディアも得やすいです。

また、作成したアプリを誰かに使ってもらう機会を得やすいのもアプリ作成の魅力ではないでしょうか。

さらに現在アプリ開発の情報は増えており、困ったことがあった際に調べやすいです。

エンジニアエンジニア

プログラミング言語自体も他の言語より簡単だしね!

スマホアプリを作れるようになれば、「作れるもの」は増えていく

スマホアプリを開発する言語を習得すると、他の言語も習得しやすくなり、開発の幅も広がります。

ですのでプログラミング初心者はスマホアプリ開発のための言語をマスターしましょう。

プログラミング初心者=一つの言語を習得することに集中する

プログラミング言語は多少の違いはあります。

しかしプログラミング的な考え方は似ています。

なので言語習得できると他の言語やシステムの習得はぐっと楽になります

「スマホアプリ開発」でのプログラミングは初心者向きです。

そしてスマホアプリ開発になれると、プログラミングでの開発のイロハを学べます。

なのでまずはアプリ開発で、しっかりとプログラミングの基礎を作ります。

エンジニアエンジニア

基礎が身につけば、新しい言語やシステムに挑戦する際にはるかに学びやすくなるからね。

一つの言語を身につければ、作れるものやできることは次第に増えていきます。

プログラミングに興味を持った今、まずは「スマホアプリ開発」を始めてみましょう。

あなたが作成したアプリで「生活が良くなった」と喜んでくれる人が出てくるかもしれません。

今からプログラミングを学ぼうという方は、是非プログラミングスクールに通いましょう。

プログラミング学習=スクールがおすすめ

今回はプログラミングに興味があるけれど

プログラマー志望者プログラマー志望者

どうやって手を付けていったらいいかわからないな・・

という方へ向けての記事になります。

この記事を読んでいただき、少しでもプログラミングに触れてみようという方がいたら非常に嬉しく思います。

私自身職業としてプログラマーをやっていた時、独学で学んでいたのでかなり苦労しました

スクールに通えば独学よりも効率よく学習できます

全く何をしたら良いのかわからないなら、スクールに行こう。

全く何をしたら良いのかわからないなら、スクールに行こう。

スクールは手取り足取り全部教えてくれるので、何をしたらよいかわかります。

0からプログラミン学習=プログラミングスクールなら0からプログラミングを教えてくれる

独学と教えてくれる先生がいる環境というのは、天と地ほどの差があります。

プログラミングは

・開発する環境の設定
・必要なツールのダウンロード

などプログラムを打つ前にすべきことがあります。

スクールに通えばツールの設定もサポートしてもらえます。

なので生徒はプログラミングの学習に専念できます

またスクールでは講師と一緒に勉強していく形になります。

学習を進めていく中で最も大切なのは、やりたいことへ向かうための意欲です。

エンジニアエンジニア

スクールに通えば講師が生徒の意欲を引き出してくれるからね。

なのでスクールではモチベーションを高い状態で保ったままプログラミングを学んでいくことができます。

スクールなら、どれだけの時間でどれだけのものが作れるかわかる

スクールでは講師が目標を達成するために必要なことを教えてくれます。

なので目標達成までにどれくらいの時間がかかるかもわかります。

プログラミングスクールの強み=目標達成にかかる労力と時間が明確になる。

さらに

プログラマー志望者プログラマー志望者

あれ、今自分はなんの勉強をしてるんだろう?
あとどれくらい勉強すれば自分の作りたいものが作れるのか?

といった疑問にも答えてもらえます。

物事を勉強するにあたって、

・ゴールラインが決まっている
・ゴールラインまでの道筋がわかっている

ゴールまでのプロセスが明確だと高いモチベーションを保てます。

手取り足取り一緒に揃えてくれるので、始められないということがない

手取り足取り一緒に揃えてくれるので、始められないということがない

スクールでは講師が何をすべきか教えてくれるので挫折しない。
プログラミングスクールの強み=講師がサポートしてくれるので挫折しない

くじけそうな時や貴方が悩んでいる時こそ、先生方が一緒に歩んでくれます

独学ではよくどこから手を付けていいのかわからなくなることがあります。

すると参考書を購入したはいいけど段々と見る時間が減っていきます。

それに伴ってモチベーションが下がって勉強の時間も減り、結局諦めてしまうことになります。

スクールであればそんなことはありません。

・まずはどこから手を付ければいいのか
・何をすればいいのか

といった基本的なこと等、自分と同じ目線で足並みを揃えてくれます。

独学にありがちな『何をすればいいのかわからず、そのままやらなくなってしまう』ということになりません。

スクールなら、最短で効率よく学ぶことができる。

スクールでは講師がプログラマーになるための最短経路を示してくれるので、効率よく学習できます。

スクールの強み=最短でスキルを身に着けることができる

効率よくプログラミングを学ぶためには次の項目が重要です。

  • どうすればいいのか
  • 何を勉強すればいいのか
  • どの様な方向性で学習を進めていけばいいのか

スクールであれば答えてくれる講師がいます

なので最大効率で学習することができます

これも道に迷いながら進んでいく独学とは大きく違う部分です。

余計なことを省くからその分学習スピードも上がります。

以上のことから、これからプログラミングを学ぼうとする方はスクールに通うことをお勧めします。

スクールに通い、最短で学習して残った時間を有意義に使いましょう!

未経験からエンジニア転職!
副業フリーランス転職にも完全対応!

社会人がエンジニア転職するなら
プログラミングジャパン!
まずは無料体験レッスンで詳しく話を聞いてみよう!