初心者は電卓アプリ(スマホアプリ)のプログラミングからはじめよう!開発手順や難易度
本記事では
電卓アプリの作り方と環境設定
電卓アプリの開発に必要な言語
電卓アプリを作成するメリット

などについて解説していきます。

アプリ作成の初心者がプログラミングを学ぶのに最適なのは、電卓アプリの作成です。

「電卓アプリ」を作れるようになるとアプリ開発の基礎が身につきます

アプリ作成では「初心者が乗り越えるべき課題」が沢山あります。

しかし「電卓」を作れるようになると多くの課題が解決します。

例えば電卓アプリの主要な機能に、四則演算機能機能があります。

・足し算
・引き算
・掛け算
・割り算

初心者が電卓アプリを作るとプログラミングで「四則演算」を使えるようになります。

なので電卓アプリを作成するとプログラミングの基礎を身に着けることができるのです。

そして基礎を身に着け、企業への就職やフリーランスに転向した方は多くいます。

電卓アプリの作り方と環境構築に必要なもの

電卓アプリの作成にあたり、Androidスマートフォン開発する際に必要なものを記載していきます。

まずは下記に記載されている環境を整えることから始めましょう。

電卓アプリ作成に必要なもの

それでは電卓アプリ作成に必要なものを紹介します。

パソコン

Windows」でも「Mac」でも大丈夫ですが、メモリが8Gあるパソコンを使用しましょう。

電卓アプリ開発に必要なもの=メモリ8Gのパソコン。

「メモリ」とはデータやプログラムを一時的に記憶する部品です。

開発ではこのメモリをたくさん使用します。

メモリが足りないとパソコンの動作が遅くなってしまいます。

開発環境=Android Studio

アンドロイドアプリはAndroid Studioという開発環境を使用してプログラム作成をします。
アプリ開発に必要な環境=アンドロイドアプリを作るならAndroid Studioという開発環境が必要

こちらはGoogleが公開している「アンドロイドアプリ専用の開発ツール」です。

Android Studioダウンロードも利用も無料で行えます。

インストール方法はこちらのサイト様に詳細が記載されています。

Android Studio超入門――ダウンロード、インストール、使い方を総まとめ

電卓アプリ開発に必要な言語=java

java

アンドロイドアプリの開発には主にjavaという言語が使われてます。

アプリ開発に必要なもの=アンドロイドアプリjavaが必要

「java」はアンドロイドアプリ以外でもシステム開発やゲーム開発などの広い分野で使われている言語です。

javaを学ぶことでアプリ以外にも様々なものが作れるようになります。

アプリ開発者というカテゴリーに収まらず、多くの分野で活動できます。

javaを学習する際に初心者向けの参考書として『スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ) 』という書籍がお勧めです。

著者:中山清喬
出版社: インプレス
インプレスの書籍紹介ページはこちら

イラスト付きの解説でプログラムの基礎から詳しく解説されています。

JDK(Java Development Kit)

「java」を開発する基盤になる「Kit」です。

パソコン上でjavaを動かすためには必要なものなので、必ずインストールしましょう。

アプリ開発に必要なもの=JDKをインストール

インストールするとjavaのコンパイル(実行可能な形式への変換)や実行などができます。

アプリ動作確認用のスマートフォン

プログラムを書いたらスマートフォンで「動作確認テスト」を行います。

アプリ開発に必要なもの=動作確認テスト用のスマートフォンが必要

アプリ開発を行う場合はスマートフォンで動作確認をすることが必須になります。

どうしてもスマートフォンの準備が難しいという方には、パソコン上でアプリを動作させるツールがあります。

このツールのことをエミュレーターといいます。

<Genymotion配布サイト>

ダウンロードは無料ですが、ユーザー登録が必要になります。

電卓アプリをつくろう

電卓アプリをつくろう

電卓アプリを作成していく中でプログラミングの基礎とjavaについての理解を深めましょう。

電卓アプリ作成=プログラミングの基礎とjavaを学ぶ

開発環境が整ったらいよいよ「電卓アプリの作成」に入ります。

作るのは事務作業で使うような一般的なイメージの電卓でも構いません。

もしくは既存の形にとらわれない電卓を作ってもよいでしょう。

「ボタンの配置を縦に並び変えた電卓」や「色鮮やかな電卓」を作ってみましょう。

皆さんのイメージの数だけ、可能性は無限にあると考えてください。

エンジニアエンジニア

最初はボタンの数字と入力される数字がごちゃ混ぜになっている電卓を作っても構わないのでひたすら作り続けよう!

電卓の開発手順

電卓アプリを作りながら開発の流れに慣れましょう。
電卓アプリ開発=開発手順に慣れる

電卓アプリ程度の規模であれば一人ですべて開発することができます。

しかし、本来アプリは複数人で開発します。

まず、システムエンジニアが「開発工程」を作成します。

プログラマーは開発工程に基づいてプログラミングを行います。

その中ではアプリの主要な機能や仕組みをを定義づけるものとして次のものがあります。

『要件定義』
『内部設計』
『外部設計』

要件定義」とは実装すべき機能や満たすべき性能を明確にしていく作業のことです。

 

内部設計」とは全体の構成や行うべき処理の詳細など実装に必要な仕様を定義する工程のことです。

外部設計」とはシステムがどのようにふるまうべきか、操作する画面のレイアウトや操作方法を定義します。

全てが終わったら200~300程の項目があるテストを行います。

電卓アプリ開発ではこれらの工程を自分でこなします。

そのため開発の流れになれることができます。

電卓アプリはどのように作成すればいいのか

インターネットで公開されているソースコードを参考にしましょう。

電卓アプリ開発=ネットのソースコードを参考にしよう。

インターネットにはソースコードと呼ばれるプログラムコードがたくさんあります。

ソースコードを利用するとすぐに動作するものが作れます

なのでモチベーションが下がりにくいという大きなメリットがあります。

初心者で、初めからスラスラとソースコードが書ける人はいません。

参考書を見てもわからない人は、ソースコードを利用しましょう。

そしてソースコードが何を意味しているのかを参考書やインターネットで調べましょう。

調べながらソースコードを自分流にアレンジすれば自分の力になります

ソースコードを理解していくことでひとりで悩むよりも速くプログラミングを覚えることが出来ます。

しかし、ソースコードを見ても全くわからないときはスクールを利用するのも一つの手です。

スクールを利用すれば講師からアドバイスを貰えます。

なのでさらにスムーズに電卓アプリを作成することができます。

電卓アプリを作成するメリット

電卓アプリを作成することのメリットは大きく分けてふたつあります。

電卓アプリを作成することによって、プログラミングの基礎を学べる

電卓アプリを作成することによって、プログラミングの基礎を学べる

電卓は各種計算、表示、ボタンイベントなどのプログラムの基本が盛り込まれています。
電卓アプリ開発のメリット=プログラミングの基礎が学べる

四則演算だけでなく

・関数計算
・メモリ機能

といったようにカスタマイズもアイディアの数だけ付け加えられます

つまりプログラミングに強い意欲を持つほど勉強の機会が増えていきます。

勉強の機会が多いということは、それだけ皆さんが成長する機会が多くなっていくということです。

そのひとつひとつが電卓アプリ作成だけではなく、皆さんの技術者としての未来に繋がっています。

電卓アプリを作成できれば、求人している企業ににアピールできる

電卓アプリを作成できれば、求人情報にアピールできる

電卓アプリを作成することによって、就職がかなり有利になります。
電卓アプリを作成するメリット=就職に有利になる

面接などで独学で電卓アプリを作ったことがあるとアピールできれば、面接官に好印象を与えられます。

アプリ開発者やシステム開発者を求める企業は即戦力になる人材を欲しています。

そして即戦力として重視されるのは

プログラムの基本的なことをわかっているか

という部分です。

プログラミングは言語が違っても考え方は似ています。

アプリ作成の経験があれば、java以外で作成されるアプリ開発にも参加できます。

アプリ開発を経験すると、より多くの場所での活躍も見込むことができます。

是非電卓アプリの作成から多くの技術を学びましょう。

そして大きなプロジェクトで活躍できるアプリ作成のスペシャリストを目指しましょう。

【参考記事】全くの0からプログラミングをはじめるなら!超初心者のためのプログラミングの始め方と学習ステップ

プログラミングを始めようか迷っていませんか?
プログラミングを始めてみようと思っても学習で挫折しないか
職業として生計を立てていけるか不安ですよね。

プログラミングジャパンでは全くの初心者でも最速で安定した収入を得るプログラマーになる為に必要なステップをLINE@で配信しています。