初心者のための効率的にプログラミングが上達する学習のコツを伝授します

プログラミング初心者の方には、もっと効率的にプログラミングを覚える事はできないか、と思う方も居ることでしょう。

プログラミングを効率的に上達させるためには、ちょっとしたコツが必要です。

今回はそんな上達のためのコツや、初心者の方が陥りがちな上達しない理由などを解説します。

初心者のためのプログラミングが上達する学習方法のコツ

初心者のためのプログラミングの上達の学習方法のコツ

それでは、初心者の方がプログラミングを効率的に学習するためのコツについて解説していきます。

効率的に学習するためには、以下の三つのコツがあります。

・プログラムの全体像を掴む

・自分でプログラムを書けるようになる

・検索して分からないことを調べられるようになる

この三つのコツを意識しながら学習を進めれば、初心者の方でも効率的に学習ができるようになるでしょう。

それでは、それぞれのコツについて詳しく解説していきます。

プログラミング上達のコツその1:プログラムの全体像を把握する癖をつける

プログラミングを上達するコツは、作るプログラムの全体像を把握する癖をつけることです。

プログラミングの上達のコツ=作るプログラムの全体像を把握する癖をつける

開発をする時、全体像が分からないままプログラミングを始めてしまうと、行き詰まりやすい上手直しが多くなります。

また、行き当たりばったりでプログラミングを行うと、修正した箇所の影響が他の箇所で出てしまいます。

「修正が修正を呼び、だんだんと大掛かりな修正になってしまった」という事も起こります。

修正ばかりでは、プログラミングのモチベーションも下がってしまいます。

このようなことを避けるためにも、きちんと全体像を把握してからプログラミングを始めることが重要です。

全体像を把握するためには、仕様書や設計書にしっかりと目を通しておきましょう。

そういった物が用意されていない場合は、プログラム全てに一通り目を通しておくようにしましょう。

目を通した部分について、図解したりメモしておくとより理解しやすくなるでしょう。

プログラムの全体像を把握する癖をつけることで、PDCAが回せるようになり、プログラミングが上達します。

プログラミング上達のコツその2:自分でプログラムを書けるようになる

プログラミング上達の2つめのコツは、「何もみないでプログラムをかけるようになるまでコードを書き込むこと」です。

 

インターネットの講座サイトや書籍の文章だけ読んで覚えようとしても、プログラミングは身につきません。

プログラミング学習のコツ=書籍のだけで学習してはいけない

少しずつでも自分でプログラムを記述して動作させましょう。

自分で動かしながら覚えていくのが、プログラミングを流速する何よりの早道と言えるでしょう。

学習したコードは何回も復習しながら書いてみる

作ったことのあるコードでも、新しい知識を手に入れてから再度プログラミングを行うと新しい発見があることが多いです。

プログラミング学習のコツ=知識を得たら再度プログラミングしてみる

最初のうちは分からなかった部分でも何度も書いていくと、流れの中で意味が分かってきます。

意味が分かると、プログラミングへの理解も深まります。

ですので、一度打ち込んだことのあるコードだからと飛ばさず、何回も同じコードを書いてみるのも良いでしょう。

コードの意味を理解しながら学習する

コードの意味を理解しながら学習を進めましょう

プログラミング学習のコツ=コードの意味を理解しながら学習を進め

初心者が陥りがちなのが、「こう書けと指示されたからそのまま記述した」というケースです。

何度プログラミングを行ったとしても、記述したコードの意味がわからないままではプログラミングは身につきません。

最初のうちは知識が足りない為、難しい箇所や後から説明した方がいい箇所などは説明を省かれていることもあるでしょう。

逆に言えば、きちんと説明されている箇所については一行一行きちんと意味を覚えて学習しましょう。

プログラムで意味の無いコードの記述、というのはほとんどありません。

記述されているコードはほとんど全てに意味があります。

ですので、コードの意味を理解しながら学習を進めなければ、いつまで経ってもプログラミングは上達しないでしょう。

プログラミング上達のコツその3:検索をしてわからないことを調べられるようになる

プログラミング上達の3つめのコツは、検索力を上げることです。

プログラミング学習のコツ=検索力を上げる

プログラミングの情報は、インターネットで検索すれば大量に出てきます。

わからない事、どうしても解決出来ないエラーなどで詰まったとき、ほとんどの場合は検索すれば解決できます

しかしながら、ただ闇雲に検索しても答えに辿り着くことはできません。

プログラミングの解説サイトは、ある程度知識があることを前提として解説されていることが多いです。

その上、きちんとキーワードを絞って検索しなければ、似ているキーワードの全く違う情報ばかりが出てくることもあります。

検索をして欲しい情報を手に入れるためには、プログラミングの基礎知識が必要です。

きちんと基礎知識を身につけた上で、適切なキーワードで検索を行えば、必要な情報を得ることが出来るようになるでしょう。

 

検索力をあげるには

 

 

効率的にプログラミングを上達したいなら「スクール」に通う

プログラミングを上達する方法としては、「スクールに通う」ことがとても効率的です。

学習しているけれどプログラミングが上達しないときは、プログラミングができる人に教えて貰うのが一番です。

プログラミング学習のコツ=プログラミング経験者に教えてもらう

そもそもプログラミングは独学が難しい分野です。

その為、初心者の方が独学で勉強しようとして行き詰まるのは当たり前の事なのです。

プログラミングが上達するために一番効率的なのは、プログラミングスクールに通うこと。

プログラミングスクールでは初心者の方でもプログラミングができるようになるカリキュラムや環境を用意してくれています。

お金はかかりますが、その代わりにしっかりとプログラミングを覚える事ができるはずです。

あなたのプログラミングが上達しない理由

あなたのプログラミングが上達しない理由

ここまでプログラミングを上達させるコツについて解説してきました。

しかし、上達しない理由を把握し、同じ事を繰り返さないようにすることも大切です。

プログラミング初心者が上達できない主な理由は以下の3つです。

・ひとりで簡単なミスでずっとつまずいている

・自分のレベルにあっていない学習のやり方をしている

・そもそも基礎力がない

以下でそれぞれ解説していきます。

ひとりで簡単なミスでずっとつまずいている

プログラミングが上達しない人は単純なミスでずっとつまずいています。

プログラミングが上達しない理由=単純なミスでずっとつまづく

これはプログラミング上級者の方でもたまに陥るミスです。

  • 変数の記述が一文字間違っていた
  • 条件分岐の文が逆の条件になっていた

などのケアレスミスに気づかず、ずっと同じ場所で時間を浪費してしまうこともあるでしょう。

気が付けば修正も早いのですが、その前に集中力が無くなってしまうこともあります。

これを回避するためには、ある程度時間が経ったら思い切って他の人にプログラムを見て貰うのが一番です。

もし、貴方が独学でプログラミングを学んでいる場合は、プログラミングの質問サイトなどを使用する事をおすすめします。

ここに質問サイトの紹介

Doorkeeper

https://www.doorkeeper.jp/topics/introduction-to-programming/groups

stockoverflow

https://stackoverflow.com/

 

自分のレベルにあっていない学習のやり方をしている

プログラミングが上達しない理由は、「自分のレベルよりはるかに高いレベルの問題集や学習サイトなどで学習している」ということがあります。

難しい内容があるから、もっと早く覚えたいからと、基礎部分を飛ばして学習している方も多いのではないでしょうか。

プログラミングが上達しない理由=基礎を飛ばしてしまっている

プログラミングの基本文法はどの言語でも似ています。

なので、他の言語を経験している方であれば、新しい言語を学ぶ場合に、基礎を飛ばし気味に学習することもあります。

しかしそれは元々覚えていた言語で基礎を学んでいたから出来る事です。

初心者が基礎を飛ばすと、実践中に簡単な文法ミスでつまづいてしまいます。

またプログラムの意味を理解するのに時間がかかってしまいます。

なので、初心者がいきなり発展的な内容を学んでも、結局何も覚えられずに挫折する、と言ったことになりがちです。

書籍も、学習サイトでも、初心者に向けて覚えやすいように内容が整理されていることが殆どです。

なので内容を飛ばさず、きちんと段階的に覚えていくことが重要になるでしょう。

そもそも基礎力がない

段階的に勉強していたのになかなか上達しない、という時は、そもそも基礎力が足りていないことが考えられます。

プログラミングが上達しない理由=基礎理解が足りない

プログラミングは、基礎が一番大事と言っても過言ではありません。

基礎さえ覚えていれば、言語が変わっても対応することが可能なのがプログラミングです。

 

 

逆に、基礎ができていないとどうにもならなくなることも多いです。

プログラミングが上達しない、と思った時は、今まで勉強してきた基礎部分を振り返ってみることをおすすめします。

プログラミングの上達のためには目的を正しく把握しよう。

プログラミングの上達のためには目的を正しく把握しよう。

プログラミングを上達したいなら目的を明確にしましょう

プログラミング上達のコツ=目的を明確にする

プログラミングの学習には時間がかかります。

その間のモチベーションを維持するためには、「どうしてプログラミングを上達させたいのか」を把握しておく事が大切です。

エンジニア転職の為にプログラミング学習をするなら最短で基礎をつけて就職する

目的がエンジニアに転職するためなのであれば、基礎を身につけて就職してしまう事が重要です。

 

 

エンジニア転職を目指すなら=基礎をしっかり身に着ける

前述しましたが、プログラミングで一番重要なのは基礎です。

エンジニアになるためには、プログラミングの基礎部分をしっかりと覚えておく必要があります。

基礎の中には、実践でよく使われる処理の一連の流れを覚えるものもあります。

基本文法だけでなく実装の流れも身に着ける必要があります。

なのでただ文法を読んで暗記しただけでは基礎が身についたとは言えません。

何度もプログラムを書いてなれる必要があります。

就職のためには無駄な箇所や言語の学習は禁物

逆に言えば、基礎以外の部分については必要ないと言っても過言ではありません。

プログラミング上達のコツ=基礎以外は取捨選択できる

プログラミングの勉強には時間がかかります。

基礎以外の部分を覚えるのにも、多くの時間が必要になります。

また、基礎以外の知識については就職でつかわない可能性もあります

「エンジニア転職する」という目標をたてたのであれば、基礎を身につけてさっさと転職してしまいましょう。

基礎以上のことは、実際に働きながら身に付けることができます。

 

 

就職のために勉強しているのに、就職につかわない知識に時間をかけてしまっては元も子もありません。

特に初心者であれば就職で高度な技術は求められません。

ある程度基礎ができているとわかるポートフォリオを用意できれば問題ありません。

なので基礎を身に着けたらあとは行きたい会社に合わせて学習しましょう。

 

スマホアプリ制作会社ならSwiftの基礎を身につけて就職

スマホアプリの制作企業に行きたいなら、iPhoneアプリの制作に使われるSwiftを学習することをおすすめします。

スマホアプリの制作企業に行きたいなら=Swiftがおすすめ

Swiftは比較的新しい言語です。

特徴は、古い言語の良い部分を取り入れている点です。

そして英語に近いコードなので初心者でも意味が理解しやすいです。

なので、Swiftは、初心者でも学習しやすい言語です。

またスマホアプリ開発自体、今需要が伸びているのでおすすめの業界でもあります。

Swiftは最終的に、一からTo Doアプリを作れるレベルになれば基礎をきちんと身につけたと言えるでしょう。

プログラミングの学習は、独特の考え方をしなければならない箇所があります。

また耳慣れない単語がたくさん出てきたりと、初心者には難しい事が多くあります。

しかしながら、プログラミングで重要なのは基礎部分です。

基礎部分さえしっかりと覚えていればほとんどのプログラミング言語を扱うことができます

応用の部分は企業に入ってから習得できます。

なのでしっかりと基礎を学んで、優秀なエンジニアになってください。

プログラミングジャパンのLine公式アカウントにご招待

プログラミングジャパンのLine公式アカウント