プログラミング学習で写経で上達する!写経の効果やポイント

プログラミングの写経は、正しいやり方で行えばプログラミングの上達につながります。

そして写経をするメリットは次の3つです

  • 基本の文法が学べる
  • プログラム言語の流儀が分かる
  • 小さな経験が自信になる

この記事を読むと、写経をする具体的なメリットと正しい写経の方法が分かります。

皆さん正しい方法で写経をして最短でプログラミングを習得しましょう!

プログラムの写経の効果:なにがどう上達するのか

プログラムの写経の効果:なにがどう上達するのか

正しい方法なら、初心者のプログラムの写経は効果があります。

プログラムの写経の効果=正しい方法なら効果的

プログラムの写経は効果があるのでしょうか?

「文字を写して入力するだけなら勉強にならない気がする」
「コピー&ペーストと何が違うの?」

などと思う方もいるかもしれません。

写経は正しい方法で実践すれば初心者にとって効果的な学習方法になります。

プログラミングの写経の効果

プログラミングの写経は、次の点で学習効果が高いとされています。

・基本の文法が学べる
・プログラム言語の流儀が分かる
・小さな経験が自信になる

以下で詳しく解説します

基本文法が分かる

写経で一番効果があるのは、その言語の基本的な文法が学べることです。

写経のメリット=基本文法が分かる

プログラムを1文字ずつ入力すると、どのような文法、構造になっているか、身をもって知ることができます

学習対象の情報をインプットし正確にアウトプットすることは、初期の学習過程において効果が高い勉強法です。

そのため写経では、基本的な文法・作法などを短期間に身につけやすいのです。

プログラム未経験の初心者こそ、写経をする価値があると言えるでしょう。

プログラム言語の流儀が分かる

写経することで、プログラム言語特有の書き方やルールが分かります。

写経のメリット=プログラム言語特有の流儀が分かる。

プログラム言語により、変数名や関数名の付け方、コメントの書き方など固有の流儀があります。

例えば、変数名や関数名の付け方は以下のような流儀があります。

  • 型名を先頭に書くハンガリー記法
  • 英単語の先頭は全て大文字にするキャメル記法

プログラム言語の仕様としては、その言語の流儀に従ったほうがよいとされています。

プログラム言語の流儀は、先人の知恵により何かしら考えられて出来ているからです。

流儀に従って書かれたプログラムは、誰が見ても分かりやすくメンテナンス性に優れたプログラムになりやすいのです。

そのため、写経でプログラム言語の流儀を早めに知っておくと良いです。

小さな経験が自信になる

プログラムを写経して1つずつ動かしていくと、一人で作り上げたという自信になります。

写経のメリット=自信につながる

この「自分で作れたという自信」は意外と重要です。

コツコツと小さな経験を積んでいくことが、大きな自信に繋がります。

写経でプログラミングを経験を積むことで、新たに作るプログラムもスムーズに着手しやすくなるのです。

練習を繰り返せば、お手本がない状態でも、徐々に1人でプログラムが書けるようになっていきます。

写経をするべき人は「新たに言語を習得したい人」

新しいく言語を習得したい人は写経がおすすめです。

写経をすべき人=新たに言語を習得したい人

具体的に写経をすべき人は、次のような方です。

・プログラミング未経験者
・プログラミング経験があり、新たな言語を習得したい方

新たなプログラム言語を習得するなら、写経をすることで一定以上の効果があります。

特にプログラミング未経験の方は、写経による学習効果が高くなります

では、なぜプログラムを写経すると効果があるのか見ていきましょう。

プログラミングの写経のやり方

プログラミングの写経のやり方

写経はプログラミング学習においてとても効果的です。

しかしいきなり写経すればいいわけではありません。

プログラミングの写経のやり方は、次の順番で行うとよいです。

        1. 適切なお手本を選ぶ
        2. ソフトのバージョンを確認する
        3. 開発環境を作る
        4. 写経する
        5. デバッグする
        6. 疑問点を調べる

以下で詳しい手順を紹介します。

適切なお手本を選ぶ

最初に写経する「適切なお手本」を選ぶことが重要です。

正しい写経の手順その1=適切なお手本を選ぶ

写経のお手本は、本や雑誌、Webのブログ記事でも良いですが、適当に選んではいけません。

勉強したことが後になって無駄だった!と後悔しないよう準備はシッカリしましょう。

どの写経のお手本がよいのかは、職場の先輩やプログラムが詳しい方に相談するといいです。

1人で選ぶときは、できたら直近1年以内発行の新しい本で、ネットでも口コミが良いお手本を選んでみてください。

ソフトのバージョンを確認する

あなたが勉強したい言語は、どのソフトのバージョン(版数)かを確認することも重要です。

正しい写経の手順その2=プログラム言語のバージョンを確認する

ソフトとはプログラムを開発する環境のことです。

バージョンによってできることや、やり方が変わることがあります。

プログラム言語の進化はかなり早いので、数年経つとかなり変わってきます。

同じ言語でもバージョンが違うと、プログラムが動かないことがあります。

仮に動いても想定しない動作にな可能性もありますので、注意したいです。

また、新しいバージョンほど良い、というわけではないです。

会社のプロジェクトによっては、古いバージョンのソフトを使うこともあります。

そのため、あなたが学習したい言語のバージョンを確認しておくことも重要です。

開発環境を作る

プログラム開発をするには、プログラムを書くエディターなどの開発環境のソフトが必要です。

正しい写経の手順その3=開発環境を整える

まずは、写経のお手本でおすすめされているコーディングの開発環境を構築しましょう。

初心者の方は、IDE (統合開発環境) がおすすめです。

IDEはコーディングからコンパイル、リンク、デバッグ、テストまで出来る開発環境です。

IDEだとインストールするだけで開発環境が整うので便利です。

初級者向けの本では、IDEの開発環境をおすすめしているケースが多いです。

写経する

ここまで準備が整ったら、一番簡単なコード(プログラム)の写経を始めます。

正しい写経の手順その4=簡単なコードから写経する

まず、簡単なプログラムを書いて、動かしてみましょう。

プログラム初級の本なら大抵、”Hello World!“と表示させるプログラムから始めることが多いです。

まず簡単な動作確認をしてから、問題ないことを確認してから、次に進むようにしましょう。

面白そうだからといって、いきなり難しいプログラムから始めてはいけません

上手くいかない場合に、何が原因で上手くいかないか特定が困難になるためです。

デバッグする

デバッグ機能書いたプログラムの問題点を調査・修正するで動作を確認する必要があります。

正しい写経の手順その5=デバッグ機能で動作を確認する

コーディング環境には、デバッグ機能があります。

デバッグ機能を使うと、プログラムを途中で止めて、変数の動きなどを確認することができます。

コードを写経しながら動作確認をしていくことで、コードの意味を理解することができます。

疑問点を調べる

写経をしたときに、疑問があったら調べるクセを付けると上達が早いです。

正しい写経の手順その6=疑問があったら調べる

なぜこのような書き方をしているのか?

という疑問を常にもっていると上達しやすいです。

そして疑問を持ったら調べ深めていくことで知識が深まっていきます。

プログラミングの開発現場は常に課題を自分で調べて解決しなくてはなりません。

なので写経の段階から疑問を持ったら調べる癖をつけると、かなり実力が付きます

プログラミングの写経の無駄(NG)なやり方(紙に手書き)

プログラミングの写経で無駄(NG)なやり方は以下の2つです。

  • コードをノートなどの紙に書く
  • 何も考えずに写すだけ

以下で詳しく説明します。

コードをノートなどの紙に書く

プログラミングのコードをそのまま紙のノートやメモ帳に書くのはオススメしません。

無駄な写経の例=プログラミングのコードをそのまま紙のノートやメモ帳に書く

コードを紙に書いても、実際に使うときはPCに打ち込みます。

再利用するかもしれないコードはテキストファイルなどで保存しておきます。

プログラムコードそのものを完全に暗記する必要はないです。

分からなければ、ドキュメント・マニュアルを参照しながらプログラムを書ければよいです。

プロのプログラマーほど、記憶だけに頼らず、しっかりドキュメントで仕様を確認しながら確実にプログラミングしているのです。

何も考えずに写すだけ

何も考えずに写すだけの写経は意味がないです。

無駄な写経の例=何も考えずに写す

もちろん、最初は何だか分からないので写しているだけ、ということもあるかと思います。

何も分からないところからスタートすれば、誰もがそんな状態になるかもしれません。

でも、諦めないで1単語・1行ずつでもいいので、文法やプログラムの構造などを眺めてみてください。

コツは自分が写しているコードを他人に説明するには、どうしたらいいか考えることです。

他人に説明するためには自分が理解していなければなりません。

裏を返せば他人に説明できれば自分が理解できている指標になります。

なので人に教えられるように学ぶと成長が早いです。

やがて、徐々に写しながらプログラムの構造や仕組みが、分かってくるようになるはずです。

プログラミングの写経の効率的なやり方

プログラミングの効果的な方法は以下の3つです。

  • ウィンドウをスクリーンに2つ並べる
  • 本を立てる台、ページを止めるクリップを使う
  • 入力補完機能を使う

それぞれ詳しく説明します。

ウィンドウをスクリーンに2つ並べる

写経のお手本がWebサイトの場合、画面のウィンドウを2分割するのがおすすめです。

写経の効果的なやり方=画面のウィンドウを2分割する

左側をお手本のウィンドウ、右側をエディターのウィンドウにするのです。

1画面でお手本とエディターが同時に見られるので、作業がかなり効率的になります。

WindowsならWindowsキー+矢印キー(←→↑↓)で、ウィンドウを分割できるので使ってみてください。

Mac OS(OS X El Capitan 以降)ならSplit Viewという機能を使えば簡単にウィンドウ分割ができます。

ウィンドウ左上隅にあるフルスクリーン表示のボタンを長押しすると、ウィンドウが縮小表示に変わります。

縮小表示にすると、画面左側・右側にマウスでドラッグできるようになります。

本を立てる台、ページを止めるクリップを使う

写経のお手本が本の場合は、ブックストッパーを購入するといいです。

写経の効果的なやり方=ブックストッパーを使う

ブックストッパーはパソコンをしながら手で押さえなくても本が読める台やページが閉じないようにするクリップです。

プログラミングの本は分厚いものが多いです。

なのでブックストッパーで抑えると作業がしやすくなります。

ひと手間かけるだけで、写経が大分楽になりますので利用してみてください。

入力補完機能を使う

エディター入力補完機能(インテリセンス)を使いましょう。

写経の効果的なやり方=エディターの入力補完機能を使う

エディターとはコンピューター上でプログラムコードを編集するソフトです。

エディターには、入力補完機能があります。

入力補完機能とは、キーボードで文字を入力すると、後に続く単語・文字を保管してくれる機能です。

標準的な構文は、途中まで入力すると候補が出てすべてタイプする必要がありません。

なのでエディターの入力補完機能があると、かなり効率的にプログラミングできます。

そのため入力補完機能は、スペルミスがなくなり、労力が格段に減ります。

プログラミングの写経は楽しいのか?写経を楽しむコツ

プログラミングの写経は楽しいのか?写経を楽しむコツ

結論から言うとプログラムの写経は初めは楽しくありません。

しかし積み重ねていくと楽しくなっていきます。

写経は楽しいか=最初はつまらないがやりこむと楽しくなってくる。

写経ははじめの方は楽しくないです。

むしろ、辛いです。

最初はうまくいかないことばかりでストレスにさいなまれます。

これは、全く知らないプログラム言語に挑戦するときに、誰もが通る道です。

しかし、一通りの写経が終わるころになると、急激にストレスがなくなって、楽しくなってきます。

新しい言語はこんな動きをするのか?

など新たに興味が湧いてくるようになります

プログラマーの性として、新しい言語の勉強ほど楽しくて仕方がないはずです。

ここまでくると、あなたもプロのプログラマーに目覚めはじめているかもしれません。

Pythonの写経をするとパイソン使いになれるのか(Pythonの写経について)

Pythonの写経は、パイソン使いにてっとり早くなりたい方におすすめです。

Pythonの学習方法=Pythonの写経がおすすめ

Pythonは、複雑な処理を簡潔に記述できる特徴があります。

簡潔に記述ができる理由として、データの処理方法が直感的に記述できる点が挙げられます。

そのため、1つの事例を覚えると、他の事例でも同じように処理を使い回すことができるのです。

写経でいくつかのパターンを覚えたらば、後はネットでドキュメントを確認すればプログラミングの方法がすぐ推測できます。

Pythonはこうした使い勝手がいい点が人気のヒミツです。

パイソン使いになりたい方は、まず写経から始めてみてはいかがでしょうか。

プログラミングジャパンのLine公式アカウントにご招待

プログラミングジャパンのLine公式アカウント