ITパスポートの効果的な勉強法とは?おすすめ参考書、合格するために必要なこと

今注目を集めている国家資格「ITパスポート」。

取得することで、さまざまな業種の就職に有利になります。

ITパスポートの合格率は50%と比較的取得しやすい資格でしょう。

早く合格にたどり着けるように、効率的な勉強法をご紹介します!

ITパスポートの効果的な勉強方法

プログラマー志望者プログラマー志望者

ITパスポートを取得するには、どのくらい勉強すればいいの?

A.初心者がITパスポートを取得するのに必要な勉強時間は100時間ぐらいといわれています。

そこで、効率よく勉強するにはどうしたらよいのでしょうか?

今回は、これからITパスポート取得に向けて勉強を開始する方へ、効果的な勉強法をご説明します!

関連記事:ITパスポートとは?取得するメリット、試験の概要、難易度と合格率を徹底解説

参考書で情報をインプット、過去問でアウトプット

まず、どの種類の勉強にも言える、勉強の基本は‥

  • 参考書やテキストで知識を頭に入れるインプット
  • 過去問や模擬試験で実践するアウトプット
  • インプットとアウトプットを意識すること

いくら参考書をひたすら読み続けても、実践してみなければ自分の苦手分野を知ることができませんよね。

基本的には”インプット7:アウトプット3“のバランスがベスト

まずはインプット。

⑴参考書の最初から最後までを、何度も読み返すことで覚えていきます。

わからないところをそのままにしながらでもいいので、とにかく3回は読んでみましょう。
エンジニアエンジニア

徐々に理解してくるはずです。

回数を重ねることにより、どんどん頭に入っていきます。

⑵それでも理解できないところはインターネットなどで調べるなどして、知識を深めていきましょう。

⑶また、覚えなくてはならない専門用語はたくさんあるので、必要であれば単語帳を作ってもいいでしょう。

インプットが完了したら、すぐにアウトプットです。

⑴まずは、問題を解いてみます。

わからなかったところ、間違えたところを再度徹底的に勉強しなおしていきます

⑵これを繰り返していくことで、自分の苦手なところを克服することができます。

小さな目標をクリアしながらとにかく継続する

もう一つ大事なのは、毎日継続すること

日にちをあけてしまうと、せっかく覚えたことをまるまる忘れてしまったり、再開が面倒になったりしてしまうかもしれません。

「今日はこの意味を理解するまでやろう」
「参考書の5ページ分をやろう」
「過去問を100問やろう」など、1日1日で小さな目標を立てながら行うとよいでしょう。

忙しくて机に向かえない日は、ちょっとしたスキマ時間を利用します。

エンジニアエンジニア

スマホで学習サイトやアプリを使って学習することもできますよ。

必ず毎日継続することを心掛けて学習していきましょう。
勉強を開始する前には、前日の内容の振り返りをしましょう。

前日に勉強した内容を2~3分でもいいので軽く復習をするというのを癖づけて行っていくのも大変効果的です。

模擬試験で実際の試験を想定した学習をする

試験はCBT方式で行われます。

プログラマー志望者プログラマー志望者

会場のパソコン上で、マウスやキーボードを使って回答していく方法ですね。

参考書に載っている過去問ももちろん大切です。

さらに、実際の試験を想定した学習も必要不可欠な試験対策です。
CBT方式で模擬試験ができるソフトウェアは、無料ダウンロードができます。

ITパスポートを実施している「IPA」(情報処理推進機構)のホームページから、ダウンロードできるので、必ず利用しましょう。

試験前には復習する時間をつくる

どんなに勉強しても、時間がたつにつれて忘れてしまうものです。

試験前は復習の時間をつくりましょう。
  • 参考書を最初から最後まで読み返す。
  • 自分の苦手分野は念入りに復習する。

などの合格に向けての対策を練りましょう。

受験する日程に合わせて学習を進める

試験は3か月前から申し込み可能です。

学習を開始する前に申し込みを済ませてしまう方が多いですね。

試験日を決めたら、確実にその日までに完璧にする気持ちで挑むという事が大切です。

ホームページから試験日の3日前までなら変更手続きが可能になっています。

しかし、それが原因でどんどん試験を先延ばしにしてしまう人もたくさんいます。

エンジニアエンジニア

試験日に合わせてしっかりと確実に学習を進めましょう。

100時間の場合のスケジュール例

最初の60時間はインプットに充てる

  • 参考書を何度も読み返しインプット
  • 必要であれば単語帳をつくるなどして用語を暗記

次の30時間はアウトプット

  • 問題を解き、間違えたところや自信がなかったところを参考書で再び学習
  • 繰り返しおこない、苦手分野を克服

最後の10時間は復習時間と試験対策

  • 参考書を最初から最後まで読み返し、確実に頭に入っているかを確認
  • 疑似試験をおこなう

このようにスケジュールを決めます。

そして、それに沿って取り組むように意識しながら進めましょう。

エンジニアエンジニア

そうすることで効率よく学習することができます。

独学が難しい場合は通信講座、スクールを利用する

  • 独学ではどうしても集中力がかけてしまう。
  • スケジュール通りに学習を進めることができない
  • 自分で調べてもなかなか理解できない
こんな理由で独学が難しい場合は無理せず通信講座やスクールを利用しましょう。

わからない事をその場で質問出来るので、効率よく学ぶことができます。

ITパスポートの出題傾向

それでは、実際の試験での出題傾向は現在どのようになっているのかご説明していきます。

過去問の他に新しい問題も多く出題される

ITパスポートは、開始されたのが平成21年。

エンジニアエンジニア

割と新しい資格なんです。

そのため、過去問も多くありません。

そればかり出題してしまうと内容が簡単になってしまいますね。

過去に出ていないような内容が多く出題される傾向です。

過去問を解いて問題に慣れることや、出題頻度の高い問題を把握することはもちろん大切です。

それよりも、参考書を隅から隅までしっかり読み込むことが合格への近道となります。

試験の出題

  • テクノロジ系(45問前後)
  • ストラテジ系(35問前後)
  • マネジメント系(20問前後)の3分野の問題が出題
1000点満点で600点以上、さらに各分野300点以上が合格ラインです。

確実に合格するためには、3分野ともきちんと学習することが大切です。

ITパスポート取得に向けて活用したい参考書

学習を始めるにあたり、まずは参考書選びです。

参考書選びのポイントや、おすすめをご紹介していきます。

参考書は何冊も買う必要はありません。

エンジニアエンジニア

ポイントをしっかり押さえて自分に合ったものを選びましょう。

参考書選びのポイント

参考書選びのポイントは3つです。

  • わかりやすさ
  • 問題集がある
  • 自分好み

わかりやすさ

どんなに情報量が多く分厚い本でも、理解できなければ意味がありません。

わかりやすく、試験対策の要点がしっかりまとめられているものを選びましょう。

また、イラスト付きや色遣いが豊富なものの方がわかりやすいですよね。

可能なら書店で少し立ち読みをして確認してみることも大切です。

問題集がある

先ほど説明しましたが、大事なのはインプット、そしてアウトプットです。

問題集は必ず用意しましょう。

参考書と問題集を分けて2冊購入するのもよいでしょう。

1冊で済ませたい場合は必ず問題集付きのものを選びましょう

自分の好み

学習のコツは、毎日続けること

わかりやすい参考書を選ぶことはもちろん大切なことです。

さらに、なんとなくでも自分が興味を持った参考書を選ぶことで、継続できます。

資格取得に向けて活用したい参考書

★『いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集

解説がとても丁寧で分かりやすいと大変評判の参考書
  • 漢字や英語にはふりがなが付いている。
  • 用語の覚え方の解説がある。など‥

初めて知る内容や用語でも吸収しやすい工夫がされています

エンジニアエンジニア

出題傾向がわかりやすく掲載されているので、厳選された過去問を解くことができますね。

効率のよい学習ができます。

★『出るとこだけ!ITパスポート テキスト&問題集

イラストや図を使った説明文がとても分かりやすいくまとめられています。

赤シート付きで用語などの暗記に役立つ

問題はよく出るところを順位でピックアップされているので、おさえておきたいところが一目瞭然です。

また、スマホアプリで100問以上の過去問に挑戦できます。

エンジニアエンジニア

空いた少しの時間を活用した学習ができますね。

★『ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集

出題範囲(シラバスとよばれます)すべての用語の解説がわかりやすくされています。

予想問題も131問と豊富です。

自宅のパソコンで実際の試験の練習ができるCD-ROMがついています。

エンジニアエンジニア

さらに、800問の過去問、しかも解説付きです。

独学でも取得することができる

ITパスポートは独学で取得することが可能です。

ここでは独学で学ぶためにどのような方法があるのかをご紹介します。

効果的な学習方法を実践すれば独学でも可能

まずは書店で自分に合った参考書を探し、1冊購入しましょう。

もちろん、参考書1冊だけで合格した人も多くいます。

プログラマー志望者プログラマー志望者

もっと効率良い学習方法はありますか?

エンジニアエンジニア

それなら、参考書での学習に加えてスマホやパソコンを活用しましょう!

  • ネット検索
  • 無料サイト
  • アプリ

などを利用するとさらに効率的に勉強できます。

勉強サイトで学習する

過去問道場」という無料サイトがあります。

パソコンやスマホで簡単に過去問練習ができます

空いた時間にできるのでぜひ利用しましょう。

問題は2000問あり、わかりやすい解説付きです。

分野を指定したり、過去問の開催回を指定したりできます。

動画サイトで学習する

IT塾 講義動画」というYouTubeの動画がおすすめです。

現在(2020年7月時点)は第104回、動画の本数は計112本まで更新されています。

  • 1回5分~10分程度と短い
  • 簡潔にまとめられているので大変わかりやすい
  • 継続しやすい
エンジニアエンジニア

とても評判です。

ぜひ活用してみてください。

参考書を読んだあとに、この動画で復習してみると理解が深まるはずです。

問題集アプリで学習する

ITパスポート 全問解説」もおすすめです。

アプリの場合、途中から課金が必要になってしまうものも多い中、こちらは完全無料のアプリです。

エンジニアエンジニア

安心して進めることができますね。

過去問は常に最新ですべて解説付き
  • 分野別に問題を解く
  • 自分のチェックした問題だけを後から解いたりすることもできる
便利な機能が豊富です。

苦手克服のための練習ができます。

まとめ

いかがでしたか?

ITパスポートは、初心者でも勉強法を工夫してしっかりと学習すれば、必ず取得できる資格です。

ぜひ参考にしていただき、試験に挑んでみてください!

プログラミングを始めようか迷っていませんか?
プログラミングを始めてみようと思っても学習で挫折しないか
職業として生計を立てていけるか不安ですよね。

プログラミングジャパンでは全くの初心者でも最速で安定した収入を得るプログラマーになる為に必要なステップをLINE@で配信しています。